« 物産展 観光から肝炎対策まで | Main | 春一番の講演会は »

February 23, 2006

裁判が肝炎患者の「恵みの雨」に

 06222010622202062220306222040622205
 22日、博多まで薬害肝炎訴訟の福岡地裁での結審期日の応援に行ってきました。
 小雨もあがって13時から地裁前で激励集会が行われ、(写真左)、100人以上の方が集いました。実名公表された原告さんたちが、家族とともに結審に望む決意を述べられました。写真1枚目の左側に原告1番山口さんと次男、旦那さんです。
 裁判所前集会の最後に、八尋(やひろ)弁護団長が、「今日の雨が『恵みの雨』と言われるように、全国で苦しむ肝炎患者の方々にとって治療体制の確立など肝炎患者救済に道を開くように、この裁判でもがんばりたい」と決意を披露されました。集会が始まる前に、八尋弁護士は私のそばで「こんなにたくさんの支援者が駆けつけてくれて頼もしい」と語っておられました。

 集会後、傍聴券の抽選があり270人近い方がくじを引くために並びました。私ははずれたのですが、他の方から傍聴券を譲っていただき傍聴することができました。
 裁判は、14時から16時過ぎまで行われ、被告国側代理人は、大阪地裁で20日原告側代理人によって論破されたフィブリノゲンが有効だったことは今も変わりないなどと主張。
 裁判での主張については、古賀弁護士さんのブログで詳細に報告されています。
  薬害肝炎九州訴訟がついに結審(1)
 判決は、8月30日(水)14時~と裁判長から告げられ結審しました。

■ 裁判後は、福岡市民会館ホールで、17時半まで記者会見(写真左から2枚目)が行われました。たくさんの報道関係者が参加され、熱心に質問されていました。弁護団からは、「勝訴判決は手段にすぎず、目標はすべての肝炎患者の救済に国が責任を果たすこと」と強調されていました。

■ 18時から「薬害肝炎結審シンポジウム 200万人のC型肝炎患者救済のために」が開かれ、500人近い方で会場はいっぱいになりました。
 シンポの最後に、アピール文案を参加者全員で唱和し、承認されました。アピールは以下のとおりです。
 肝炎患者救済のために、裁判にたたれた原告とその家族の方々のご苦労を、この日一日の行動を通じて再認識しました。
 そして、「肝炎患者」のために支援されている皆さんにも心を打たれた一日でした。

   --------------------------------
  2・22薬害肝炎九州訴訟支援アピール
 今日2006年2月22日、薬害肝炎九州訴訟は結審を迎えました。
 現在、福岡地裁を含め全国5地裁においてフィフリノゲン製剤、クリスマシン等の血液製剤によってC型肝炎に感染させられた100名近い被害者が、国と製薬会社を相手取り、訴訟を闘っています。
 この訴訟では原告のみでなく、200万人以上と推定されるC型肝炎患者全ての救済をめざしています。この救済にあたる、検査・治療体制の確立・整備、生活保障制度の整備、社会的差別の防止・解消などを実現するためには、なんとしても勝訴を勝ち取らなければなりません。
 そのために、いま、これまで以上に世論の大きな動きをつ<ることが必要です。
 被害回復のため、薬害を二度と繰り返させないため、今日参加している私たち一人一人が、家族、友達、学校、職場など身近なとこうから支援の輪を広げていきましょう。
          2006年2月22日

|

« 物産展 観光から肝炎対策まで | Main | 春一番の講演会は »

Comments

お疲れ様です。写真の構図から判断すると結構私と近い位置にいらっしゃったようです。ご挨拶ができなかったのが残念です。次の機会にはお互いに目印をつけて合流したいですね。(笑)
しかし、もしかして、シンポの後半で「そで」から会場発言された方でしょうか・・・。

Posted by: KIYO | February 24, 2006 at 09:17 AM

KIYO さん、22日はご苦労さまでした。

>シンポの後半で「そで」から会場発言
 はい、患者会からの発言をさせていただきました。
 記者会見の時は、正面3列目に。シンポの時は大分から参加された男性(フロア発言されていました)の隣の席でした。
 以前の裁判の時には、大分のC型肝炎元患者の方からもお声がかかりました。「患者会のお手伝いをしたい」と、大分でも患者会ができないものかと思案しております。
 佐賀と大分に患者会がありません。九州での患者会作りのサポートをするのが、全国患者会での私の「仕事」です。
 よろしくお願いいたします。

Posted by: sin | February 24, 2006 at 12:22 PM

やはり近くに居られたのですね。
私はその斜め後ろにサリドマイド被害者の方と並んで座っていました。
それはそれは残念です。私の頭がフル回転していれば気がついていたかもしれません・・・。

大分では医療講演会を行なうという話は聞いたことがありますがそれもノビノビになっているようでした。

大分で何かあるときはお知らせください。

Posted by: KIYO | February 24, 2006 at 06:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/8800927

Listed below are links to weblogs that reference 裁判が肝炎患者の「恵みの雨」に:

« 物産展 観光から肝炎対策まで | Main | 春一番の講演会は »