« 肝炎患者の声を届けるために | Main | 生きている間に »

March 22, 2006

4/7 集団予防接種の被害救済を求めて

04011601 04/01/16 B型肝炎訴訟札幌高裁で勝訴判決後の報告集会で。

 B型肝炎訴訟は、国のずさんな集団予防接種行政によって、B型肝炎を感染させられた原告5人が被害の回復を求めて、1989年6月札幌地裁で裁判が起こされました。

 4月7日、午後、最高裁で弁論が行われます。その後早ければ5月中にも判決が出される予定です。
 B型肝炎訴訟を支える会の菊地代表から最高裁での弁論期日の傍聴への参加依頼文書が届きました。弁論が開かれることは、高裁判決の見直しも予想されます。皆さんのご支援をお願いします。
 下記に、B型肝炎訴訟の経過、裁判傍聴のご案内文書のファイル(pdf)があります。
   「063HBV00_1.pdf」をダウンロード


|

« 肝炎患者の声を届けるために | Main | 生きている間に »

Comments

私は、日肝協にわ加入しておりませんし現在は北九州市に住んでいる為に活動には参加できませんが40代から肝炎と診断された当時は川崎市に住んでいたので帝京医大の肝臓専門外来に通院した為保険適用になるようにインターフェロンの臨床実験の為数回協力しました。(最大48週連続投与)
しかしそのかいもなく現在肝硬変から肝癌へと病状は進行してしまいました。
是非最高裁での勝利を獲得していただきたいものです。心より応援しています。
私見ですがもう少しマスコミ(テレビ)に働きかけて世論の支持を喚起したほうがよいのでは、ないかと思います。
ニュースジャパンの放送時間が夜遅いので出来たら8時代のワイドショーの時間帯が良いと思います。
時々テレビ局に取り上げるようメールを送っています。

Posted by: 小野 秀二 | March 23, 2006 at 03:23 PM

皆様のご活動を心から応援しています。
私はC型肝炎から肝硬変になり今は肝癌が拡がっています。
生活や闘病費用の苦しみから、自身で加入していた生保を売却して資金をつくろうとしたことで、世間をお騒がせしています。
残念ながら控訴審でも認められませんでしたが、最高裁に上訴を検討しながら、署名活動など、自分にできることをしていくつもりです。
闘病生活が長い肝臓病は外から見た目ではわからない苦労も症状もあります。医療費、福祉など患者の治療を側面から支える社会に少しでも近づくことを願っています。

Posted by: COCORO | March 24, 2006 at 12:21 PM

  小野 秀二さん、COCORO |さん、コメントをありがとうございます。
 B型肝炎訴訟、世間の方にもっと知ってもらいたい、マスコミ対策必要です。よろしくお願いします。
 生保の件、生きている間に活用できる制度もなんとかしたいものですね。応援しています。

Posted by: sin | March 28, 2006 at 06:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/9218854

Listed below are links to weblogs that reference 4/7 集団予防接種の被害救済を求めて:

« 肝炎患者の声を届けるために | Main | 生きている間に »