« 瀉血療法 保険適用に | Main | がんとのつきあい方 »

March 30, 2006

情報誌

0633001 写真:「肝臓のなかま情報版」第3号

 日本肝臓病患者団体協議会では、加盟する80余りの患者会に、情報提供とそれぞれが発行する会報の材料を提供することを活動方針で決めています。昨日やっと仕上げることができました。
 たくさんの材料をいただいていたのですが、16頁にまとめきれずに来月号回しになってしまいました。

 相談事の処理もたまってしまいました。

■ 非代償期肝硬変患者のお母様のタンパク・塩分制限食のレシピ集を娘さんが探しておられます。
 どなたか良い資料はありませんでしょうか。

■ 大阪の会報に掲載する講演録のテープ起こしもやっと終えることができました。
 先の相談事にも関連していますが、今回のテーマは、「肝硬変患者の栄養療法-分岐鎖アミノ酸と亜鉛補充療法」。
 講師の先生に原稿を届け、ついでに4/2の講演会場の下見(プロジェクター関連の相談)、患者情報室の訪問等々が、31日の予定です。

 

|

« 瀉血療法 保険適用に | Main | がんとのつきあい方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/9352457

Listed below are links to weblogs that reference 情報誌:

« 瀉血療法 保険適用に | Main | がんとのつきあい方 »