« 薬害のない未来を | Main | 春 講演会の季節です »

March 04, 2006

治療薬と専門医のありか

0630402 3月だというのに冷え込みが厳しい朝の散歩でした。写真は、石油コンビナートから立ち上る水蒸気が雲のようになっています。

 4日午後、北区民センターで「がんを語る有志の会の定」例会に参加しました。26日(日)には、「がん治療薬早期認可を求める会」の集いも開催され、がん患者さんのお話を聞く機会が持たれました。

 どちらも、治療薬(抗がん剤)と化学療法に詳しいドクターのありかが話題になりました。

 肝がんに限っていえば、
 1)再発予防薬(予防法)・・・モグラたたき的な治療からの脱却
 2)新生血管生成阻止法
 3)インターフェロン治療の肝がん患者への保険適用
 4)肝癌治療法・・その選択法と組み合わせ(セカンドオピニオン外来の制度化)
 5)肝がんの背景となる肝炎治療と肝硬変の進展防止策
等々が課題として浮かび上がってきました。

|

« 薬害のない未来を | Main | 春 講演会の季節です »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/8949138

Listed below are links to weblogs that reference 治療薬と専門医のありか:

« 薬害のない未来を | Main | 春 講演会の季節です »