« 肝硬変の栄養療法 | Main | 福田衣里子さんを迎えて »

April 14, 2006

治療の必要な患者さんと必要ではない患者さん

0641401

 患者会でいつもお世話になっているドクターが「2006C型慢性肝炎治療ガイドライン」の患者向け解説書を発行されました。
 GPT値が標準値内だとこれまでいわれてきた患者さんも血小板数など他の検査データを精査し、治療の対象にした方がいいような場合もあるようです。
 字は大きく文字の分量も多くなく、読みやすい内容になっています。
 少々お高いのが難点です。せめて1000円以下にしてほしかったです。

 厚労科学研究 肝炎等緊急対策研究班の治療標準化研究(臨床班)グループの「2006C型慢性肝炎治療ガイドライン」の患者向け解説書。

書名:「やさしいC型肝炎の自己管理」
著者:岡上 武 氏
    京都府立医科大学 消化器病態制御学 教授
発行:医薬ジャーナル 2006/03
価格:1,200.-(本体)

 本書詳細は、発行もののサイトをご覧ください。
  「やさしいC型肝炎の自己管理」
  

|

« 肝硬変の栄養療法 | Main | 福田衣里子さんを迎えて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/9601589

Listed below are links to weblogs that reference 治療の必要な患者さんと必要ではない患者さん:

» 「やさしいC型肝炎の自己管理」 [日本肝臓病患者団体協議会(試行版)]
厚労科学研究 肝炎等緊急対策研究班の治療標準化研究(臨床班)グループの「2006C型慢性肝炎治療ガイドライン」の患者向け解説書が出版されました。書名:「やさしいC型肝炎の自己管理」著者:岡上 武 氏    京都府立医科大学 消化器病態制御学 教授発行:医薬ジャーナル 2006/03 価格:1,200.-(本体)  【目次から】1.C型肝炎とはどんな病気2.必要な血液検査3.肝臓の組織をみる検査(肝生検)&nbs... [Read More]

Tracked on April 15, 2006 at 11:27 AM

« 肝硬変の栄養療法 | Main | 福田衣里子さんを迎えて »