« きっちっとした「相談体制」とその存在を知らせるシステム | Main | 新年度の国の肝炎対策で »

April 27, 2006

どうしてもGPTがさがらない

0642303 写真:23日京都・渉成園
 27日、西区民センターで会報「友の会だより」114号の袋詰め作業が行われました。1100部あまりを発送するための作業です。
 午後、同会場で「肝がんといわれた方の交流会」が行われ、私も含めて12人の方が参加されました。
 肝がん治療後、インターフェロン治療を受けられて、ウイルスが陰性になった方の経験談が紹介されました。
 一方、大阪の大学病院で治療を受けても、東京の有名さドクターのもとで、手を尽くされても、この10年近くGPT値が思うように下がらない(もちろんC型肝炎ウイルスは消えない)方の悩みも出されました。

 GPT値が下がらないという悩みが何人かから出されました。
 また、主治医がよく変わってしまうというお話もお一人から出され、病院内で経験豊かなドクターを指名できないかという相談もだされました。
 「専門医」にかかっていると安心していて、体調不良を訴えても聞き入れてもらえず、病院を変えてエコー検査を受けると3cmの肝がんが見つかり、塞栓術を受けたという体験も紹介されました。

 私は、午後から参加しましたが、午前中も作業をしながら、日頃の気がかりなどが出されたようです。
 この日のお話を聞いていて、画像診断技術のレベルアップや慢性肝炎への瀉血療法など、GPT値安定化の技術の普及もインターフェロン治療の工夫と併せて大事な問題だと感じました。

|

« きっちっとした「相談体制」とその存在を知らせるシステム | Main | 新年度の国の肝炎対策で »

Comments

Condition of PE is not due to any one particular reason, reasons of PE can be different in every other individual so it is very important that herbal supplement is versatile in its effects too, otherwise the cure of PE would not be permanent and complete. Another common cause for this ejaculation problem is due to performance anxiety. t bothering to control themselves, but they have lost many of the natural safeguards of their body such as testosterone and normal sized organs.

Posted by: ayurvedic medicine for longer intercourse | May 28, 2014 at 01:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/9797642

Listed below are links to weblogs that reference どうしてもGPTがさがらない:

« きっちっとした「相談体制」とその存在を知らせるシステム | Main | 新年度の国の肝炎対策で »