« エンテカビル ゼフィックス耐性株には | Main | 非環式レチノイドの会社は »

April 03, 2006

「三浦クリニックです・・・」

0640301
 3日、午後から患者会事務所当番。
 郵便物の整理と電話相談。大阪府共同募金会から18年度のNHK歳末募金助成額の通知が来ました。毎年減額され、当初25万円だったものが18万円になってしまいました。
 電話相談も、C型肝炎に関して深刻なものがありました。
 昨年のがん患者大集会(大阪)の成功のために奮闘された三浦捷一医師(故人)のクリニックの看護師さんから、「友の会だより」の注文を受けました。

【相談例】 C型肝炎:ペグインターフェロン+リバビリンの併用療法を昨年5月から受け、副作用で集中できず職場を10月から休職、4月から復職。上司から休職したことについて詰問された。他の患者さんなどの事例を聞きたい。
 なかなか職場での理解が得られないようです。

 事務所当番を終えてから、三浦クリニックを訪れました。夜診の始まる17時前でしたが待合いには5人ほどの患者さんが待っておられました。看護師さんは電話や患者さんの対応に追われておられ、対応せいてくださったIさんの手には「肝炎フォローアップ調査用紙」がありました。
 三浦先生の後は、N医師(女性)が引き継いで診察に当たっておられます。
  

 写真:三浦クリニックのある野田界隈。

|

« エンテカビル ゼフィックス耐性株には | Main | 非環式レチノイドの会社は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「三浦クリニックです・・・」:

« エンテカビル ゼフィックス耐性株には | Main | 非環式レチノイドの会社は »