« C型肝炎 治療開始時期の難しさ | Main | 肝硬変の栄養療法 »

April 12, 2006

予防接種 B型肝炎訴訟 勉強会

0641202 写真:白い桜
 7日、最高裁でのB型肝炎訴訟の弁論・結審後、報道機関などを対象にしたB型肝炎訴訟勉強会が開催されました。そこで原告側弁護団から配布された資料をご紹介します。
 「06407_HBV01.pdf」をダウンロード

 6月16日(金)午後4時から第2小法廷で判決が言い渡されます。
 勉強会が終わってから東京肝臓友の会の事務局長さんが、「なんで4時なんだろう」とつぶやいておられました。
 今回は裁判所ですが、厚労省の肝炎ウイルスに関する発表は、金曜日の夕方が多かったのです。土・日曜日に対応を検討するためなのでしょうか。

 12日、夜診で岸和田H診療所で肝臓担当の先生の診察を受けました。先月放射線科専門クリニックで受けた造影CT、血液検査の結果(診療情報提供書)も持参しました。
 血圧が少し高め、前回より体重が少し増加、「気をつけてください」で本題終了。主治医は、原告の桑田さんの治療はうまくいっていますか、と心配しながら「判決日には傍聴したい」とおっしゃって、「支える会」の会費1000円をくださいました。
 気にかけていただいているのだと、感謝、感謝!

 桑田さんの治療は、順調に続いているのですが、ご本人はしんどそうです。

|

« C型肝炎 治療開始時期の難しさ | Main | 肝硬変の栄養療法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 予防接種 B型肝炎訴訟 勉強会:

« C型肝炎 治療開始時期の難しさ | Main | 肝硬変の栄養療法 »