« 薬害肝炎問題も国会請願 84万6千筆余を国会に | Main | 一緒に笑ってがんに勝つ »

May 30, 2006

娘の命日の月に判決が

06529210652922
 29日夜、岸和田市浪切小ホールで開催された「私はあきらめない part2」。川田龍平さんの講演や桑田智子さんのお話、合唱などすばらしい催しでした。集いに参加した216人が逆に元気をいただきました。
 集会には、患者会の講演会などでお世話になっているドクターがご夫婦で参加してくださったり、私の主治医も来てくださり、励ましをいただきました。

 桑田さんのお話で「20年前に生後40時間でなくなってしまった娘の命日の月に判決を言い渡される。勝利判決を娘にも報告したい。皆さんの一層のご支援を!」と結ばれました。

 フィナーレの合唱「私はあきらめない」は、桑田さんが作詞、地元の豊田光雄さんが作曲。豊田さんは「これまでたくさんの裁判を応援する曲を作ってきましたが、原告が作詞されたのは初めて」。と紹介され、いずみの森合唱団と支える会のメンバーで急遽結成されたメンバーの合唱が始まりました。

|

« 薬害肝炎問題も国会請願 84万6千筆余を国会に | Main | 一緒に笑ってがんに勝つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/10302899

Listed below are links to weblogs that reference 娘の命日の月に判決が:

« 薬害肝炎問題も国会請願 84万6千筆余を国会に | Main | 一緒に笑ってがんに勝つ »