« 患者会のかけはし「肝臓のなかま」 | Main | 17%は低すぎる C型肝炎等克服研究で »

May 07, 2006

あなたに知ってもらいたい -薬害肝炎・被害者の訴え-

0650501
 「薬害肝炎訴訟を支える会<東京ニュース>」17号が届きました。(写真)
 5月16日には、東京地裁で原告本人尋問が行われます。この日が原告尋問の最終日です。
 このニュースには、集団予防接種による感染被害を受けてB型肝炎訴訟を闘っている原告木村伸一さんの「エール」が寄せられています。
 また5月28日に開催される訴訟説明会・支援者集会「あなたに知ってもらいたい -薬害肝炎・被害者の訴え-」のチラシも同封されていました。

 「あなたに知ってもらいたい -薬害肝炎・被害者の訴え-」集いのご案内

○ と き  2006年5月28日(日) 14:00-16:00
○ ところ  星陵会館
        東京都千代田区永田町2-16-2
○ 内 容  原告・弁護士・ジャーナリストによる座談会等
○ 主 催  薬害肝炎訴訟原告団・弁護団・支援する会

☆ その他の取り組みや裁判期日 ☆
  裁判や集会にご参加を!

 東京 
5/16(火)10-17:30東京地裁103号法廷
 第5回原告本人尋問
    (原告本人尋問最終回)

 大阪 
6/ 3(土) 13:00~
いきいきエイジングセンター
     大阪市北区菅原町10-25
地下鉄谷町線・堺筋線「南森町」
      下車4号出口 徒歩6分
6/20(火) 18:00~
判決前日大決起集会
   中之島公会堂 3階中集会室
      地下鉄・京阪「淀屋橋」駅下車、
      北東へ徒歩8分
櫻井よしこ氏、佐高信氏講演予定
6/21(水) 13:15~
 判決言い渡し 大阪地裁202号法廷
14:00~ 報告集会 尼信ビル10F

 福岡 
6/14(水)15:00~
 原告第2陣意見陳述 福岡地裁301法廷
        

|

« 患者会のかけはし「肝臓のなかま」 | Main | 17%は低すぎる C型肝炎等克服研究で »

Comments

確かこちらには初めてコメントすると思います。以前より時々拝読しております。
薬物治療には踏み切れない程度の慢性B型肝炎の30歳です。

これだけはお伝えしたく。
木村さん、むしろ貴方達を他の人に知ってもらいたい。
薬害と名の付く様々な訴訟が多くの人々の共感と支援を受けて報道で大きく取り上げられている中で、数十万人が同じ目にあっているかもしれないにも関わらず全く社会の認知を得られない北の五人組。先日の上告審結審でもベタ記事のみの扱いでしたが、最高裁判決ともなれば何かが変わるのでしょうか。
社会活動に専念することのかなわない多くの患者や未発症キャリアにとっては、薬害訴訟よりもむしろ予防接種肝炎訴訟の方が望みの綱、になるはずだと思うのですが、おそらくはそのことすら全く知られていないであろうことが残念でなりません。

Posted by: 私人 | May 08, 2006 11:28 PM

 集団予防接種によるB型肝炎訴訟、「私人」さんのいわれる通りです。
 この裁判のような被害者は、全国にたくさんおられるはずです。
 妻も1976年頃には、小学校で生徒が並んで針を変えない予防接種に立ち会ったといっていました。
 私がブログを立ち上げた理由もそこにありました。でも、原告の5人の方や支援する会との「距離」が遠すぎました。個人の努力にも限界があります。もっと、裁判支援に携わりマスコミが報道してくれない部分を発信できればと悔やんでおります。

Posted by: sin | May 12, 2006 09:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あなたに知ってもらいたい -薬害肝炎・被害者の訴え-:

» 東京原告本人尋問&国会ローラー [「古賀克重法律事務所」ブログ版]
 薬害肝炎訴訟の5月は、ずばり「東京行動」。  5月16日(火曜日)は10時から [Read More]

Tracked on May 09, 2006 04:01 PM

« 患者会のかけはし「肝臓のなかま」 | Main | 17%は低すぎる C型肝炎等克服研究で »