« 肝炎患者の救済策を提示 | Main | 原爆症認定訴訟 全面勝訴 »

May 11, 2006

国会請願行動日

0651101 写真:岸和田・東山自立センター付近で

 11日、肝炎対策の抜本的な拡充を求める国会請願署名をもって、衆参両院の厚生労働委員会に所属する議員の方々のところへ、「院への紹介」の労をとっていただくようにお願いに回る行動日でした。
 私も上京して参加する予定でしたが、急な用事でいけなくなってしまいました。

 地方の患者会の事務局長さんから相談の電話を受けました。
 C型肝炎へのインターフェロンの少量長期投与(自己注射も含め)、保険適用になったのだが、この患者会が活動する地域では、なかなか患者側からお願いしてもやってもらえないというのです。保険適用の基準に該当しないケースもあるのだろうが、肝発がん抑制のためにも、もっと積極的に行ってもらうにはどうしたらいいのだろうかというものでした。

 「日肝協」(肝臓病患者団体の全国組織)の当面の課題の一つです。東京の事務局長さんからも同じような「感想」を聞いたことがあります。

|

« 肝炎患者の救済策を提示 | Main | 原爆症認定訴訟 全面勝訴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/10030253

Listed below are links to weblogs that reference 国会請願行動日:

» 国会請願署名活動「総合的な肝疾患対策を!」 [日本肝臓病患者団体協議会(試行版)]
 日肝協では、今国会に総合的な肝疾患対策を求める請願」を提出すべく活動しています。  5月11日に衆参両院の厚生労働委員会所属議員の方々に、「院」への紹介の労をとっていただくように、お願いする行動を関東の患者会を中心に行います。  「国会請願署名用紙」(B4判、pdf)をダウンロード  「国会請願署名用紙」(B5判、pdf)をダウンロード 【請願の趣旨】  わが国の肝炎ウイルス持続感染者(B型、C型)は、350万人以上と推定され、「第二の国民病」としてそ... [Read More]

Tracked on May 13, 2006 at 06:18 PM

» 国会請願行動 厚生労働委員会の議員の方々へ [日本肝臓病患者団体協議会(試行版)]
 11日、首都圏の患者会の皆さんで国会請願署名用紙を衆参両院の厚生労働委員会に所属する議員の先生方に届け、院への紹介の労をとっていただくようにお願いしました。  私たちの請願が国会で採択されるかどうか、国会閉会直前にわかります。 [Read More]

Tracked on May 13, 2006 at 06:20 PM

« 肝炎患者の救済策を提示 | Main | 原爆症認定訴訟 全面勝訴 »