« 【テレビ番組】原告さんたちと支援者 | Main | 肝がんは予防できる »

June 11, 2006

裁かれる厚生行政

0661001
 10日、朝日新聞夕刊で「裁かれる薬害」の連載が始まりました。第1回目は、友の会会員でもある大阪の原告桑田さん、もう一人は甲状腺機能異常のためにインターフェロン治療を受けられなかった匿名の原告さんのことが紹介されていました。
 副作用のつらさと治癒する確実性のないインターフェロン治療のつらさ、甲状腺機能異常はC型肝炎の肝外病変というやっかいな問題をはらんだ病気です。
 母子感染や夫婦間感染の少ないC型肝炎、この裁判を通じて、不潔な医療行為を放置してきたこの国の厚生行政の責任を明らかにさせなければと思います。

 10日、記者さんから相談の電話が入りました。16日の最高裁でのB型肝炎訴訟の判決言い渡しに関して、B型肝炎のことで取材の相談です。
 11日に東京肝臓友の会の総会が文京区民センターで行われるので、そちらで取材するようにアドバイスしました。

 B型肝炎もC型肝炎も、過去の不衛生な医療行為や血液製剤などを通じて、先進諸国では類を見ないキャリアが、高齢者の中に多数存在しているのです。
 国会では、13日にも「医療制度改革法案」を与党だけで強行採決しようとしています。ウイルス肝炎患者が多数いる高齢者の医療費自己負担額を大幅にアップしようとする制度改革です。肝炎ウイルスをばらまいた責任をほおかむりして、患者に自己負担を負わせる政府のあくどいやり方に怒りましょう。
 

|

« 【テレビ番組】原告さんたちと支援者 | Main | 肝がんは予防できる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/10473961

Listed below are links to weblogs that reference 裁かれる厚生行政:

» 朝日新聞 「裁かれる薬害」連載始まる [工事中/大阪肝臓友の会]
 10日から朝日新聞夕刊で「裁かれる薬害 薬害肝炎訴訟」の連載が始まりました。 10日付には、当会会員・桑田(原告番号13番)さんが登場しています。 また、匿名の原告さんも紹介され、甲状腺機能の異常があっ...... [Read More]

Tracked on June 11, 2006 at 06:58 AM

« 【テレビ番組】原告さんたちと支援者 | Main | 肝がんは予防できる »