« 肝炎訴訟 電話相談 | Main | 肝がん治療の「カード」 いつ切れるのか »

June 26, 2006

全国から相談が

0662611
 26日、夏風邪が流行しているようです。S事務局長さんが倒れられて、事務所当番交代の依頼が来ました。
 午後から事務所に出てみると会計のMさんも来ておられました。朝から電話相談が寄せられていたそうです。
 薬害肝炎弁護団から回ってくる相談も多く、当番の3時間の間に15件の電話応対をしました。
 遠くは、福岡や金沢からも。その他に入会申し込みのための会費の送金が8件。 

 患者会が、キャリアの方の相談窓口として社会資源であることが、ますますはっきりしてきました。

 古賀弁護士さんのブログに、弁護団が受けた相談内容が紹介されています。
 「1495件の肝炎被害」

 大阪府南部の保健所から、肝臓病講演会の企画について講師を紹介してほしいと相談がありました。肝臓病教室を熱心に取り組んでおられるT医師を紹介しました。

|

« 肝炎訴訟 電話相談 | Main | 肝がん治療の「カード」 いつ切れるのか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/10697269

Listed below are links to weblogs that reference 全国から相談が:

« 肝炎訴訟 電話相談 | Main | 肝がん治療の「カード」 いつ切れるのか »