« 勝利判決でも終わらない 出発点 | Main | 肝細胞がんの相談 難病者の雇用 資料 »

June 05, 2006

桂小米朝さん 「母を語る」

0660402
0660401
 4日、我がまちでは小学校の校庭で、市民団体が主催して「おやこ祭り」が開催されました。妻も女性グループが担当した「お手玉づくり」を手伝いました。<写真左>
 住宅建設に従事する人たちのコーナーでは、親子で木工体験を楽しんでいました。<写真右>

 私は午後から、NPO大阪難病連の評議員会。6/18の総会後、桂小米朝さんのお話「母を語る」があります。400人の会場。パーキンソン病という難病のお母さんのお話、期待しています。

0660403_1

 この日の会議では、他に医療制度改革法案の審議で国会議員への要請活動、今年後半の講演・学習イベントの具体化、近畿ブロック地域難病連交流会(難病相談支援・患者会活動)、難連一泊学習会(対府要望書の検討)など検討課題は盛りだくさんでした。

|

« 勝利判決でも終わらない 出発点 | Main | 肝細胞がんの相談 難病者の雇用 資料 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/10397747

Listed below are links to weblogs that reference 桂小米朝さん 「母を語る」:

« 勝利判決でも終わらない 出発点 | Main | 肝細胞がんの相談 難病者の雇用 資料 »