« 草津でも 訴訟説明会 | Main | 技術と執念とがんばりが »

August 07, 2006

亜鉛の役割 免疫機構にも

0680701
 7日の新聞に「亜鉛濃度、免疫に作用 理研と阪大、細胞内の伝達機能発見」の記事がありました。
 以前から肝硬変のアンモニア代謝などで亜鉛の役割が大事だと説明されるドクターがおられましたが、免疫という違う角度からの阪大と理化学研究所の研究者による共同研究の成果を紹介した記事にも、今後、がん発がんの抑制という角度からも注目されるかも知れません。

 参考:肝硬変の亜鉛補充療法:代謝を促し症状改善(読売新聞オンラインニュース)

 6日、夜から妻と車で大阪を発ち、倉吉へ。22時には駅前のホテルに到着。打吹公園祭で浴衣姿の若者も。もう少し早く到着すればお祭りを楽しめたのに残念です。
 7日、倉吉と穴鴨の両親らのお墓掃除をして、倉吉の散策もちょっぴり楽しんで帰阪。中国道吹田ジャンクションの混みようには参りました。池田-阪神高速経由の方が楽なようです。
 写真は倉吉の商店街で。

 参考:ブログ「旅と写真」に倉吉の町並みが紹介されています。

|

« 草津でも 訴訟説明会 | Main | 技術と執念とがんばりが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11335542

Listed below are links to weblogs that reference 亜鉛の役割 免疫機構にも:

« 草津でも 訴訟説明会 | Main | 技術と執念とがんばりが »