« 胎盤由来製剤で 献血禁止 | Main | 責任を果たさない国の肝炎対策 »

August 24, 2006

患者の声とどけ!薬害根絶デー

06824110682412068241306824140682415
 24日、薬害根絶デー。早朝から上京し、朝の数寄屋橋での宣伝行動から参加しました。
 お昼前から、厚労省前でリレートーク
 13:30からの「薬害根絶の碑」前行動(厚労大臣への要請書手渡し」
 厚労省周回~銀座までのパレード
 弁護士会館講堂での報告集会
に参加しました。

 

 この日の講堂には、インフルエンザの特効薬「タミフル」の副作用被害を訴える人たち「薬害タミフル脳症被害者の会」もはじめて参加しました。
 イレッサ薬害被害者の会のメンバーの方も私と同じようにご家族で朝から参加され夜の報告集会まで行動を共にされ、「がん患者の命の重さ」を切々と訴えられ、薬害肝炎問題にもあつい支援をこれまでもされてこられたことが、この日の講堂の実行委員会から報告されました。

 読売新聞「『薬害根絶デー』被害者団体が厚労相に要望書提出」(06/08/24付)

|

« 胎盤由来製剤で 献血禁止 | Main | 責任を果たさない国の肝炎対策 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11597220

Listed below are links to weblogs that reference 患者の声とどけ!薬害根絶デー:

» 会員 薬害根絶デーで訴え [大阪肝臓友の会]
 8月24日に厚労省前で行われた「第7回薬害根絶デー」リレートーク。当会の武田セイ子さん、桑田智子さんが、薬害の根絶と肝炎患者救済を訴えました。 この集会には、匿名で裁判を闘っている当会会員も数名参加し...... [Read More]

Tracked on August 27, 2006 at 07:03 PM

« 胎盤由来製剤で 献血禁止 | Main | 責任を果たさない国の肝炎対策 »