« 診療所と病院で C型肝炎治療の課題 | Main | 福岡1000人集会 »

August 11, 2006

B型肝炎 最高裁判決を活かすために

0681101
<06/08/12更新>
 11日、集団予防接種B型肝炎訴訟を支える会の呼びかけで、原告団、弁護団、支える会、日本肝臓病患者団体協議会の会議が午前9時から東京のホテル(上京した人たちが宿泊した)で行われました。私も昨晩から上京し、この会議に参加しました。
 判決後、ウイルス肝炎患者全体の救済策を求める活動について話し合いました。
 秋の臨時国会までに「ウイルス肝炎総合対策推進全国協議会」(仮称)を関係する患者会などと立ち上げることなどが合意されました。これが立ち上がりますと訴訟を支える会の活動から活動の主体がこちらに移される予定です。

 北海道新聞「肝炎患者で全国組織を B型訴訟の原告団方針」(06/08/11付)

 会議後、お昼前から、政党(共産党・民主党)、厚生労働省などをまわり、要請や意見交換などを行い、記者クラブで記者会見をしてこの日の行動を終えました。

 厚労省の担当者からは、最高裁判決を真摯に受け止め、来年度予算の概算要求に反映できるよう検討しているというコメントしか得ることができませんでした。(写真)
 「全国協議会」立ち上げの準備を急がねばなりません。

|

« 診療所と病院で C型肝炎治療の課題 | Main | 福岡1000人集会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11392664

Listed below are links to weblogs that reference B型肝炎 最高裁判決を活かすために:

« 診療所と病院で C型肝炎治療の課題 | Main | 福岡1000人集会 »