« 難しい根治 ウイルス肝炎 | Main | 肝炎治療に是か非か 「評価療養」 »

August 15, 2006

“今が最後のチャンス”と思いまして

0681501
 15日、九州肝臓友の会の会報「肝臓の友」が届きました。(写真)
 内容は、「肝炎訴訟特集」。編集人の木戸さんは、『編集後記』で、
  ----------------
「会員皆様ご存じのように、6月はB型肝炎訴訟で完全勝訴、薬害C型肝炎訴訟では大阪地裁が国の責任を認める判決を出しました。
 長年、病魔と闘い、そして、思い治療費の負担に耐えていた我々患者にも多少とも明るい光が見えてきました。患者の多くの方は医療行為によって感染したに医原病です。ウイルス肝炎患者が待ち望んだ、治療費などの公費負担、医療体制の確立などを実現させるチャンスがやってきました。
 “今が最後のチャンス”と思いまして、会報(特集号)をお届けします。

--------------------------
と書かれています。

 本当にそうだと思います。B型肝炎訴訟では、最高裁判決では国の責任を断罪いたしました。これを機会に「ウイルス肝炎総合対策推進全国協議会(仮称)」結成の準備も始まっています。木戸さんが書いておられるように、30日の福岡地裁での判決が、肝炎患者救済への解決の突破口になるようにがんばりましょう。

|

« 難しい根治 ウイルス肝炎 | Main | 肝炎治療に是か非か 「評価療養」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11456685

Listed below are links to weblogs that reference “今が最後のチャンス”と思いまして:

« 難しい根治 ウイルス肝炎 | Main | 肝炎治療に是か非か 「評価療養」 »