« 悲しい知らせ | Main | 患者の声とどけ!薬害根絶デー »

August 23, 2006

胎盤由来製剤で 献血禁止

 「厚生労働省は、ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤(注射薬)を使用したことのある人からの献血を、無期限で制限することにした」と報じられています。(血液製剤調査機構 news国内編)
 ヤコブ病対策からだそうです。

 胎盤由来製剤では、「ラエンネック」(製造販売元 株式会社日本生物製剤)があります。
  添付文書では、薬効分類名 肝機能改善剤、肝予備能賦活剤となっています。

 このようなものが、肝機能改善剤として認められていることに疑問を指摘される方もあります。

 一方では、美容効果をねらった「点滴バー」というものがあり、プラセンタが2000円余りで打ってくれるそうです。
 「おそろしい」というか無茶だと私は思うのですが・・・・。

|

« 悲しい知らせ | Main | 患者の声とどけ!薬害根絶デー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 胎盤由来製剤で 献血禁止:

« 悲しい知らせ | Main | 患者の声とどけ!薬害根絶デー »