« 川崎大臣の「民主主義」 | Main | 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に »

September 12, 2006

利息が17万円 一息つくか

 12日、患者会の運営委員会に参加しました。1983年10月に発足した関係で、会計年度が9月から翌年の8月末までです。
 M会計さんから、詳細な決算報告がされました。500万円余りの年間予算ですが十数万円の赤字になっています。ここ数年来赤字続きです。事務所設立積立金特別会計から毎年30万円ばかり繰り入れてしのいでいます。
 収入の特徴は、会員数が毎年減少し、会費収入が減っていること、広告収入も毎年減少傾向です。
 10年前の郵便局定期預金が3口ありその利息が17万円あまりあったことが、一息つく結果となりました。
 それを加えても十数万円の赤字。特別会計から繰り入れることも検討されています。

 収入を増やす方策、新入会員を増やすこと、一番大事なことです。50万にくらいいるといわれる大阪のウイルス肝炎感染者に魅力ある患者会活動をアピールすることが、ますます大事になってきました。

|

« 川崎大臣の「民主主義」 | Main | 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11875702

Listed below are links to weblogs that reference 利息が17万円 一息つくか:

« 川崎大臣の「民主主義」 | Main | 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に »