« 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に | Main | 肝炎患者救済 意見書 地元の議会で »

September 14, 2006

秋の「肝臓病教室」

 国立病院や保健所で肝臓病教室など患者・感染者・家族への啓発活動が行われます。
 保健所で行われるものでは、患者会活動について講演依頼が来ています。また、患者会が作成した「療養手帳」を購入していただき、参加者や問い合わせのあった住民に配布していただく保健所も出てきました。
 国立病院機構大阪医療センター 9/20~12/20 4回

 保健所では
  ・ 9/27 四条畷保健所 大阪大学消化器内科 平松直樹先生
  ・10/13 泉佐野保健所 徳州会病院肝臓外来担当 高松正剛先生
  ・10/29 大阪府主催泉南市アイピア泉南  B型・C型肝炎の最新治療
          済生会和歌山病院 川口 雅功 先生
  ・11/28 寝屋川保健所 国立病院機構大阪医療センター 加藤道夫先生

 

■国立病院機構大阪医療センター
 国立病院機構大阪医療センターで開催される「肝臓病教室」(参加予約制)をご案内します。

○と き  2006年9月20日(水)
       15:00-16:30
○ところ  国立病院機構 大阪医療センター
       災害医療棟 2階 視聴覚室
○内 容  B型肝炎のお話
       (医師・看護師・薬剤師・栄養士から)
○参加について 病院通院・入院患者以外の方は、
        資料代として500円が必要です。
      予約制です。病院利用者は主治医まで。
            利用者以外の方は、地域医療連携室。
              06-6946-3516まで。
   9月以降の講座の内容は、
    10/18(水) 様々な肝障害について
    11/15(水) 肝硬変と肝がんについて
    12/20(水) C型肝炎のお話

|

« 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に | Main | 肝炎患者救済 意見書 地元の議会で »

Comments

肝炎の患者会に対して質問なんですが、日肝協(日本肝臓病患者団体協議会)とか「全肝連」など名前が出てきますが、なにか違いがあるのでしょうか。

他にも全国的な組織の肝炎患者会組織があるんでしょうか?

また私たち肝炎患者の声を国に届けるためにも組織の全国的な統一性が出来ないものでしょうか。

Posted by: 五郎太 | September 17, 2006 at 08:44 AM

五太朗さん、北海道での肝炎対策、皆様にとってはまだまだ不十分なものでしょうが、他都府県の患者にとってはうらやましい限りです。
http://www.pref.hokkaido.jp/hfukusi/hf-hyobo/tokusitu/tokkushitsu-h17/shintaisaku.html

 ご質問の件ですが、「日肝協」=日本肝臓病患者団体協議会」、「全肝連」=全国肝臓病患者連合会、2つの全国組織があります。違うものです。

 ご指摘のように全国組織が一つにならないのか、そのような努力は過去にされています。
 日肝協は、元々は全国肝臓病患者団体協議会といっていたものが、「全肝連」と組織統合して、「日肝協」と名称を変えたものです。
 そのときに、統合に反対した「全肝連」の一部の方々によって、全肝連の名称が使われているのが実態です。
 全国組織といっても最近の活動は、関東圏に限られているのではないでしょうか。
 現在も、日肝協の側からは組織統合のお話を持ちかけているはずです。
 

Posted by: sin | September 17, 2006 at 11:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/11914545

Listed below are links to weblogs that reference 秋の「肝臓病教室」:

« 岸和田市議会が「訴訟の終結を」国に | Main | 肝炎患者救済 意見書 地元の議会で »