« 四国・山陰地方で | Main | 側腹血行路もない »

October 03, 2006

より高い司法制度の中での判断を

 新しい厚労大臣・柳沢氏の最初の記者会見で記者の質問に答え、肝炎訴訟についてコメントしています。
 徹底して裁判で争うとの姿勢があらわです。

 柳澤大臣厚生労働記者会共同会見概要H18.09.27(水)16:38~17:13 省内会見場)から引用します。

  ------------------------------
(記者)
 薬害肝炎の関係ですけれども、訴訟で厚生労働省というか国が負け続けていて最高裁でも負けている部分もあるわけですが、B型、C型それぞれ実際の患者さんへの対策の問題と補償の問題、2種類問題があると思うんですが、それぞれについて、どのように取り組むお考えでしょうか。

(大臣)
 B型肝炎について、もちろん判決は、しっかり受け止めて措置していくべきことは措置すると、そういう考え方であります。加えて、補償とかうんぬんではなくて、一般的な我々としてケアすべきこと、健診をするということについては、従来同様とあえて言わせていただきますけれども、しっかり取り組んでいくということを考えております。C型肝炎については、一部地裁の判決が出たわけですけれども、これは、薬剤というものの宿命と言うんでしょうか、薬というものは部外にあるものを体内に取り組むという意味では、効果もあるんだけれども、それがもう全く100%良い効果だけで、何の弊害もない、副作用もないということは、あり得ないわけでありまして、そういう薬剤というものの本質を踏まえて、是非今後の司法の場でもご判断をお願いしたい。我々としては、先ほど言ったような、一般的な発症予防や、あるいは、現在での健康状態の認識などについては、きちんとこれはやっていきますけれども、補償うんぬんということについては、一部結論が出た地裁もあるようですけれども、この件については、やはり、しっかりした判断、より高い司法制度の中での判断もいただいていきたいと正直言って考えております。

06x0311
 3日、両親たちのお墓の修復が終わったので、お坊さんに拝んでいただくために、先祖のお墓がある穴鴨に帰郷しました。
 一人での長距離運転には自信がなくなり、JRとレンタカーを使いました。
 だいぶ以前は路線バスが昼間でも2時間に1本は走っていたのですが、今は児童生徒の登下校時の朝と4時前の2本の往復のみ。山間の人たちが三朝町の温泉街にある病院や診療所に通院するのもたいへんです。

|

« 四国・山陰地方で | Main | 側腹血行路もない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/12145634

Listed below are links to weblogs that reference より高い司法制度の中での判断を:

« 四国・山陰地方で | Main | 側腹血行路もない »