« 「肝炎連絡会」 衆議院第一議員会館で | Main | 準備のために上京 »

November 09, 2006

生体肝移植の保険適用基準を改善せよ!

06y0801 写真:玉江橋から

 8日夜、中之島の大阪大学中之島センターで行われた「大阪粒子線癌治療研究会・公開講座」を受講しました。
 この講座は、3回シリーズでその初回です。阪大・消化器外科の門田教授が「変貌する肝癌の治療」を1時間ばかり講演されました。
 教授が医学部を卒業された頃の肝がん治療から最近の「FAIT」療法(進行した肝がんへの抗がん剤+インターフェロン治療」や生体肝移植について触れられました。
 教授が、進行した肝硬変で肝がん患者への生体肝移植で、健康保険が通っているのに、最近、保険が効かないという例が多発している問題にも言及されていました。

 再治療例の肝がんへの保険適用にならない理由は、初回治療でないためだそうです。
 生体肝移植、他の治療で手を尽くし、どうにもならないから行う治療法なのに、理不尽ですし、そのような見解を示す担当官の見識も疑われます。

 大阪粒子線癌治療研究会・公開講座は、あと2回の3回シリーズですすめられています。

○第2回:2007年1月10日(水) 17:30~18:40
  「放医研における炭素イオン線治療の現状」
  講師:溝江 純悦 氏(放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院長)
  *受講者募集期間2006年12月4日(月)より
○第3回:2007年3月14日(水) 17:30~18:40
  「ここまで進んだ癌の放射線治療」
  講師:山下 孝 氏(癌研有明病院放射線治療科部長)
  *受講者募集期間2007年2月5日(月)より

<会場への地図>
大阪大学中之島センター
<申込み方法>
住所、氏名、年齢、電話番号、FAX番号・電子メール(あれば)をご記入の上、下記までお申し込みください。
〒54ー0019大阪市中央区和泉町1-1-14ワイエムピー谷町ビル南館5階
       NPO法人大阪粒子線癌治療研究会事務局
電話06-4790-3328FAXO6-6920-0162
電子メールhisozaki@NP0-OPTAjp
ホームページhttp://www.NPO-OPTA.jp

|

« 「肝炎連絡会」 衆議院第一議員会館で | Main | 準備のために上京 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/12628782

Listed below are links to weblogs that reference 生体肝移植の保険適用基準を改善せよ!:

« 「肝炎連絡会」 衆議院第一議員会館で | Main | 準備のために上京 »