« 肝炎治療情報が欲しい | Main | 富田林市議会へ »

November 30, 2006

腫瘍内科医にたどり着いたが

06y3011 西大橋駅近くの公園で

 肝がんに関するする相談が増えています。
○ 60歳代後半の男性、なんども肝がんが再発し、塞栓療法をお受けになっていましたが、どうしても4cmの部分が小さくならない。放射線科の主治医からリザーバーによる動注化学療法に切り替えた方がよいとアドバイスがあった。定期的に抗がん剤を注入することになるので知人の情報で、居住地近くの大学系総合病院の腫瘍内科医の診察を受けたところ、「自分は乳腺や子宮・卵巣癌を中心に治療している、肝臓はちょっと・・・」というお返事、どこか近くで良いドクターはいないか?
○ 50歳代のB型肝炎女性。今年初めに大学病院で肝がんの治療を行った。近医で抗ウイルス剤を処方してもらい、定期的にCT検査を受けている。今月の検査でまた影が出てきた。何度も再発するのだろうか。再発を抑制する良いお薬は?。近医は来春には転勤する予定のようだ、不安ばかり。
○ 非環式レチノイドの治験中、まもなく1年経過。今月のCTで、5ミリ程度の影がでてきた。2月の検査で治療方針を決めるとのこと。もし治療するとすれば、治療後の再発予防は、どうすれば。

 むつかしいご相談ばかりです。 

06y3001
 30日、いくつかのがん患者会が集まって、「大阪がん医療の向上をめざす会」を結成し、大阪府の担当者(地域保健福祉室健康づくり感染症課」の課長補佐・がん対策総括主査さんと意見交換会が府の主催で開催されました。
 来年4月から施行される「がん対策基本法」に関連して、大阪府のがん対策、とりわけ「がん診療連携拠点病院」の今後とそこで行われる予定の「がん患者相談支援事業」について、府側から説明を受け、参加患者会側は要望を伝えました。

 参加してみて、相談支援事業で行われる、「相談」「情報提供」が、がん患者と家族に本当に役立つものにしなければと感じました。

|

« 肝炎治療情報が欲しい | Main | 富田林市議会へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/12901588

Listed below are links to weblogs that reference 腫瘍内科医にたどり着いたが:

» 大阪がん医療の向上をめざす会 [大阪肝臓友の会]
 11月30日午後、いくつかのがん患者会が集まって、「大阪がん医療の向上をめざす会」を結成し、大阪府の担当者(地域保健福祉室健康づくり感染症課」の課長補佐・がん対策総括主査さんと意見交換会が府の主催で開催...... [Read More]

Tracked on December 04, 2006 at 01:58 AM

» 抗がん剤 [抗がん剤と闘うブログ!副作用と安全性]
毒をもって毒を制す!副作用は避けられない抗がん剤。 抗がん剤に代わる治療法を模索してみましょう。 [Read More]

Tracked on December 15, 2006 at 12:07 AM

« 肝炎治療情報が欲しい | Main | 富田林市議会へ »