« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »

November 18, 2006

親父たちが

06y1801
 18日、府道下のトンネルの壁画修復作業をお手伝いしました。
 落書き防止対策に3年前に近所の青年たちにお願いして描いてもらった壁画が、放置自動車の炎上で焦げてしまいました。すすだらけにも。
 校区の青少年問題協議会の活動の一環で修復作業が、18-19日に行われます。両日とも2時間程度お手伝いをします。

|

« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34979/12737305

Listed below are links to weblogs that reference 親父たちが:

» トンネル内の落書き防止 「壁画」修復 [肝臓のなかまたち (第二世代)]
 写真 左 作業前、中 下絵作業、右 完成  10日、地元の校区の青少年問題協議会などが、落書き防止対策として制作した壁画の修復作業最終日。  朝から美術を学ぶ学生さんにお手伝いいただき、2年前に放置自動車が... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 at 06:56 AM

« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »