« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »

November 18, 2006

親父たちが

06y1801
 18日、府道下のトンネルの壁画修復作業をお手伝いしました。
 落書き防止対策に3年前に近所の青年たちにお願いして描いてもらった壁画が、放置自動車の炎上で焦げてしまいました。すすだらけにも。
 校区の青少年問題協議会の活動の一環で修復作業が、18-19日に行われます。両日とも2時間程度お手伝いをします。

|

« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親父たちが:

» トンネル内の落書き防止 「壁画」修復 [肝臓のなかまたち (第二世代)]
 写真 左 作業前、中 下絵作業、右 完成  10日、地元の校区の青少年問題協議会などが、落書き防止対策として制作した壁画の修復作業最終日。  朝から美術を学ぶ学生さんにお手伝いいただき、2年前に放置自動車が... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 06:56 AM

« 夫婦で京都へ | Main | やさしく講演、丁寧なコメント »