« 4/27 胃カメラ バイオプシーも、国がん 10年生存率 | Main | 肝臓病患者と新型コロナウイルスワクチン 優先順位 »

April 30, 2021

4/30 肝臓内科 診察

 

4月30日、アンネのバラ2つめが咲きました。朝、ごん太との散歩を済ませ、大阪市内の総合病院へ造影MRI検査の結果を聴きに行きました。予約は11時30分。10分前に外来受付を済ませ、診察室(1診)前に待っていると一組の夫婦が出てこられて、すぐに診察室によばれました。さっそく23日のMRI検査の結果について画像データを示しながら「肝がんは大丈夫」とのこと、30日に受けた胃カメラの画像データを電子カルテから、説明用ディスプレーにクリックして表示、説明をはじめられたときに、院内PHS(携帯)に電話が、しばらくやりとりをされて「院内のコロナワクチン接種のキャンセルがでたので、・・・」とのこと。ワクチンの接種コントロールも担当されているようです。

 

 
胃カメラの画像説明では、ポリープが見つかり病理検査に組織を出している。結果は少し時間がかかるので、5月13日に診察予約を入れておく。何も無ければ、電話を入れるので来なくてよいとのことでした。エンテカビルの処方箋(90日分)を頂いて診察室を退出。会計は、自己負担限度額(1万円)を超えていたので今回も支払は無し。次回予約表をもらって病院を退出。10時40分でした。
 午後から、天満の患者会共同事務所へ。郵便物の回収をして帰宅しました。

|

« 4/27 胃カメラ バイオプシーも、国がん 10年生存率 | Main | 肝臓病患者と新型コロナウイルスワクチン 優先順位 »