« 5/31 和歌山合同会議 世界肝炎デーなどの準備 | Main | 6/1 夫婦で特定健診、zoom懇談会,パソコン活用勉強会、府議会で肝炎対策を »

June 01, 2021

6/1 バイオプシー(組織生検)からリキッドバイオプシー(液体生検)へ、順天堂共同研究講座 『低侵襲テロメスキャン次世代がん診断学講座』 

順天堂大学とオンコリスバイオファーマ、共同研究講座「低侵襲テロメスキャン次世代がん診断学講座」を開設


学校法人 順天堂  2021年6月1日 PRTIMES

  オンコリスバイオファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:浦田泰生、 以下、「オンコリスバイオファーマ」)および順天堂大学(所在地:東京都文京区、 学長:新井一)は、このたび、共同研究講座 『低侵襲テロメスキャン次世代がん診断学講座』 (以下、「本講座」)を、同大大学院医学研究科内に開設することを決定しましたので、お知らせいたします。
本講座では、オンコリスバイオファーマが、がん検査薬として開発を進めているテロメスキャンを用いて、血中循環がん細胞(CTC:Circulating Tumor Cells)の検査プラットフォームの開発を行います。

従来の腫瘍組織の一部を採取して行うバイオプシー(組織生検)と比べ、血液などの体液中に含まれる腫瘍細胞やその一部を採取するリキッドバイオプシー(液体生検)は、患者様への負担が少なく低侵襲性ながん検査方法として注目されています。また、がん患者様の病状やがんの進行状況等のモニタリングによる治療法や治療薬の選択、予後の評価、がん転移のメカニズム解明におけるツールとしての応用検討がなされています。

  https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000305.000021495.html

|

« 5/31 和歌山合同会議 世界肝炎デーなどの準備 | Main | 6/1 夫婦で特定健診、zoom懇談会,パソコン活用勉強会、府議会で肝炎対策を »