« 7/14 「友の会だより190号」印刷上がる | Main | 7/15 抗がん剤のしびれ、手袋とストッキングで予防 京大など臨床研究へ »

July 15, 2021

7/15 情報誌「友の会だより」発送作業・同病者による療養相談会

2171511  72171512 2171513
 7月15日、会発送の日、宛名データが届かず、会費納入者のデータを反映させた宛名印刷作業は日がかわり、早朝にも行いました。
 早朝のTさんのおてつだいは遅れ、8時に終了。
 ごん太を散歩を済ませて、つれあいと発送のための袋詰め作業を行う港区民センターに向かいました。
 すでに副会長さんら数名が到着しておられ、待っておられました。12人で作業し、1時間余りで作業は終了。西郵便局に持参し、発送作業は終了しました。

 午後から、コロナ禍のもと会員交流会は中止し、個別の面談相談を会長さんと受けました。B型肝炎とC型肝炎の女性2人が参加。
 C型肝炎の方は、止血製剤での薬害肝炎訴訟について、出産時に止血剤を使用された可能性があるが、小さな産科診療所でカルテや資料が残されていない、救済されないのは理不尽でないかと。
 また、先の受診で肝がんの疑いを指摘され、8月の画像検査で結果の説明がある、もし肝がんが見つかった場合はどうすれば良いか?
 B型肝炎の患者さんからは、これまでに肝がんの外科切除、ラジオ波焼灼術を2度受けている、あとどのくらい生きられるか。
 そして共通して質問されたのは、新型コロナワクチンの問題。お二人とも2度の接種を済まされている、メッセンジャーRNAワクチンの長い将来の影響は出ないのか、若い人への影響は。
 それぞれに難しい問題です。1時間半にわたって、お話を聴いたり、考え方を説明したり、四苦八苦でした。

 会場の区民センターでは、新型コロナワクチンの集団接種を午後から行われていました。

|

« 7/14 「友の会だより190号」印刷上がる | Main | 7/15 抗がん剤のしびれ、手袋とストッキングで予防 京大など臨床研究へ »