« 11/2 造影MRIの結果、肝がんの像描出されず | Main | 11/10 がん10年後の生存率 58.9%に 治療進歩で向上もコロナ影響懸念 »

November 04, 2021

11/4-7 第29回日本消化器関連学会週間 JDDW2021 KOBE

「第29回日本消化器関連学会週間 JDDW2021 KOBE」が本日から開催されています。
  https://www.jddw.jp/jddw2021/
 本日15時から「B型肝炎に対する創薬と治療の新たな展開」のセッションがあります。
  メディカルトリュビューン 21/11/04付

 B型肝炎の治療では、注射薬のインターフェロン(IFN)製剤と経口薬の核酸アナログ(NA)製剤の登場によりB型肝炎ウイルス(HBV)の複製抑制が可能となったものの、HBs抗原の消失はいまだ困難である。司会の考藤達哉氏は「本セッションはHBV排除に向けた創薬研究と治療法の開発がテーマ。前半ではHBVを標的とした最新の創薬研究、後半では免疫の誘導や増強を主に取り上げる」と説明する。
 ■創薬、免疫研究の2部で構成

   https://medical-tribune.co.jp/news/2021/1104539665/

●学会長に聞く 臓器横断的な視点を踏まえ、最新の知見を提供
  竹原 徹郎 氏
  第63回日本消化器病学会大会 会長
  大阪大学大学院 消化器内科学 教授
  https://medical-tribune.co.jp/special/society_report/2021/jddw/pre2.html

●学会長に聞く 肝疾患の最新トピックに「クロスボーダー」で挑戦
  飯島 尋子 氏
  第25回日本肝臓学会大会 会長
  兵庫医科大学 消化器内科 教授
  https://medical-tribune.co.jp/special/society_report/2021/jddw/pre4.html

●学会長に聞く 最新イノベーションを生かした低侵襲治療を目指して
  山本 博徳 氏
  第102回日本消化器内視鏡学会総会 会長
  自治医科大学 消化器内科 教授
  統合プログラム「十二指腸腫瘍の診断と治療−外科と内科の接点−」では、難易度が高い十二指腸腫瘍の診断・治療について、参加者にリアルタイムでアンケートを募りながら討論を進めます。

|

« 11/2 造影MRIの結果、肝がんの像描出されず | Main | 11/10 がん10年後の生存率 58.9%に 治療進歩で向上もコロナ影響懸念 »