« 10/29 造影MRI検査を受ける | Main | 11/4-7 第29回日本消化器関連学会週間 JDDW2021 KOBE »

November 02, 2021

11/2 造影MRIの結果、肝がんの像描出されず

21y0211 21y0212 21y0213 21y0214 21y0215 11月2日、朝、ごん太と散歩して、大阪市内の総合病院まで、29日に受けた #造影MRI検査の結果 を聴きに行きました、主治医の外来担当日ではありませんでしたが、#肝がんの腫瘍マーカー(AFP、PIVKA-Ⅱ)が2つとも三桁に上昇したために、緊急にMRI検査が実施され、その説明・対処のために診察を入れて頂きました。
 病院の外来受付に行くと、消化器内科の5診ある診察場は使用されているために、受け付け事務の方の案内で、脳外科の3診前に案内されました。少し待つと主治医のM先生が待合まで出てきて、診察場に案内して下さいました。
 結果は、肝がんの像は見あたらないとのこと。腫瘍マーカーが3桁まで上昇しているのはなぜかとお尋ねすると、「こまめに検査を続けるしかない」とのことでした。次回は1月27日、AFP-L3分画の検査を追加するとのことでした。
 ひとまずやれやれですが、気になります。以前お世話になった北摂の肝臓専門医のF先生に月末くらいに相談に行こうかと思っています。
21y0216
 その後、肝臓友の会の共同事務所(天満)にたちより、郵便物の回収をしました。大阪府地域保健課から「#大阪難病ポータルサイト」に関するアンケート調査が届いていました。
 帰宅するとつれあいから、柊の木に蜂が巣を作っているとのことで、殺虫剤で退治しました。

|

« 10/29 造影MRI検査を受ける | Main | 11/4-7 第29回日本消化器関連学会週間 JDDW2021 KOBE »