« 近畿大学病院肝疾患相談支援センター センターだより「きゃんゾウくんレター」発行 | Main | 12/10 がん治療ですべての治療法を使い切ってしまったら…医師がすすめる選択肢とは? »

December 10, 2021

12/08 がん基本計画の中間評価論議進む、腫瘍内科を新専門医制度サブスペ領域に位置付け正しい化学療法推進を―がん対策推進協議会

がん基本計画の中間評価論議進む、腫瘍内科を新専門医制度サブスペ領域に位置付け正しい化学療法推進を―がん対策推進協議会
 GemMed 21/12/08

本年度(2021年度)中に現在の第3期がん対策推進基本計画の中間評価を行い、来年度(2022年度)から第4期計画の策定論議に入る―。

中間評価では、第3期計画の進捗状況について検証等を行い、「第4期計画へのメッセージ」を打ち出すことになる。例えば「希少がん対策、難治がん対策の充実」「AYA世代がん対策(例えば妊孕性温存など)の充実」「エビデンスに基づいた高齢者のがん対策の在り方」「正しい情報提供性の推進」などが今後の重要課題になると思われる―。

がん治療の中でも「化学療法」について適切な推進が求められ、そこでは腫瘍内科医の育成・配置が極めて重要であるが必ずしも十分に進んでいるとは言えない。例えば、新専門医制度のサブスペシャリティ領域の中に「腫瘍内科」を位置づけるなどの対策を進める必要がある―。

12月3日に開催された「がん対策推進協議会」(以下、協議会)で、こういった議論が行われました。

  https://gemmed.ghc-j.com/?p=44809

 

第77回がん対策推進協議会(がん対策推進協議会)21/12/03開催 配布資料

|

« 近畿大学病院肝疾患相談支援センター センターだより「きゃんゾウくんレター」発行 | Main | 12/10 がん治療ですべての治療法を使い切ってしまったら…医師がすすめる選択肢とは? »