« 12/21 アンギオ検査をうけました | Main | 12/22 冠動脈検査入院 退院しました »

December 22, 2021

【開催報告】「産官学民で考えるがん個別化医療の未来」プロジェクト 第1回アドバイザリーボード会合(2021年12月14日)

【開催報告】「産官学民で考えるがん個別化医療の未来」プロジェクト 第1回アドバイザリーボード会合(2021年12月14日)

  日本医療政策機構 21/12/21

 日本医療政策機構/NCDアライアンス・ジャパンは、「産官学民で考えるがん個別化医療の未来」プロジェクト 第1回アドバイザリーボード会合を開催いたしました。なお、本会合は新型コロナウイルス感染症対策を鑑み完全オンライン、また非公開で実施いたしました。

 日本では2007年にがん対策基本法が施行されて以降、5年ごとの「がん対策推進基本計画」に基づいた包括的ながん対策が行われてきました。現在、第3期がん対策推進基本計画(2018年〜2022年)の下、分野別施策の柱の一つである「がん医療の充実」において、近年進歩が目覚ましい「がんゲノム解析技術を用いた個別化医療の推進」が求められています。がんゲノム情報に基づく診断・治療が広く可能になることで、個人に最適化された治療法を優先的に提供でき、患者の身体的・精神的負担の軽減に繋がると期待されています。

  https://hgpi.org/events/ncd-20211214.html

 

 一方で、がん個別化医療の各論においては課題もあります。例えば、がんの発生に関わる複数の遺伝子の異常を調べる「がん遺伝子パネル検査」は、現在の保険診療下では一般的に標準治療を終えた患者さんのみが受けられます。検査後、治療を受けるまでに体調が悪化してしまうケースや、自身に合った薬剤が見つからないケースもあり、最適な治療に到達できる患者さんは10-20%と限られます。今後、検査の受検タイミングや回数、それらを支えるがんゲノム医療提供体制の均てん化、さらには公的財政との均衡など、様々な課題を解決していく必要があります。

 そこで、日本医療政策機構/NCDアライアンス・ジャパンでは、国内外のステークホルダーとの連携による議論の喚起や、効果的な打ち手となる政策提言を行うため、本プロジェクトを立ち上げました。第1回のアドバイザリーボード会合では、当分野における産官学民のオピニオンリーダーや関係者にお集まりいただき、大きく4つの論点にフォーカスして議論いたしました。

|

« 12/21 アンギオ検査をうけました | Main | 12/22 冠動脈検査入院 退院しました »