« December 2021 | Main | February 2022 »

January 27, 2022

1/27 肝臓内科 肝がんの疑い

22127blood_sn_1 2212711 2212712
 1月27日、4時起き、早朝のお手伝いを済ませ、朝食。ごん太と散歩し、大阪市内の総合病院の受診に出かけました。
 災害医療棟にあった患者情報室が本館2階のエスカレーターの南側に移設されていました。その入り口にあったレストランも閉鎖されています。新型コロナウイルス感染者の急増のためかなと想像してしまいます。
 10時15分に消化器内科受付、待合には私の前にお一人待っておられました。その方もすぐに呼ばれて、5分ほどで出て来られました。その後、呼ばれて、これまでの循環器科での検査入院などを報告。電子カルテに入力されていました。
 写真の検査データを渡され、肝がんの腫瘍マーカーが急増している。前回のMRI画像では、出ていないので、造影CTを急いで検査することに同意、予約と造影剤アレルギー対策で点滴処置の段取りもとっていただきました。
 その間にも、M先生はコロナ急患の担当もされているようで、受け入れ窓口担当者と、血管系疾患を併せ持つ患者さんの対応についてヒソヒソと相談指示されていました。
 お陰で診察場で10分以上、過ごし、先生はエンテカビルの処方箋をプリントするのを忘れておられました。
 診察場で一人で、患者対応から、肝がん患者の診療、急患への指示、電子カルテの入力、先生も大変です。
最後の写真はこの日の診療明細書。AFP-L3分画が請求されてました。
 31日9時30分から点滴、14時30分から造影CT検査、3日に検査結果の説明と今後の相談です。

Continue reading "1/27 肝臓内科 肝がんの疑い"

|

January 20, 2022

1/20 総合病院で採血

 

 2212015 2212011 2212012 2212014 2212013
 4時起床、早朝のお手伝いから始まりました。ごん太と松尾川沿いを散歩してから大阪市内の総合病院まで採血で出かけました。27日の肝臓内科診察の準備です。採血場には1人しか待っておらず、会計も誰も待ってなくて、すぐに終わりました。診療明細を見ると腫瘍マーカー検査の項目がありません。採血を担当された検査技師さんは、「検査が増えているので、1本多く採血しますね」と言っておられたし、前回の診察で主治医のM先生は、「AFP-L3分画検査を次回検査でします」と言っておられたのです。
 病院が終わってから、患者会の会計さんと柏原駅前で待ち合わせ、打ち合わせをしました。
 和泉市は、19日の新型コロナ感染者は145人と新聞は報じています。凄い増え方です。電車に乗るのが怖いですね。それで会計さんの住まいの最寄り駅まで出向きました。

|

1/18 粒子線治療の保険適用を拡大 肝細胞がんなど5種類追加

粒子線治療の保険適用を拡大 肝細胞がんなど5種類追加

 東京新聞 22/01/19

 厚生労働省は19日、がん粒子線治療の公的医療保険適用に関し、これまでの小児がんなどに加え、大型の肝細胞がん、肝内胆管がんなど5種類を4月から新たに対象とする方針を決めた。厚労相の諮問機関、中央社会保険医療協議会(中医協)で同日、了承された。
 粒子線の照射には300万円前後かかっており、保険適用で原則1~3割負担となれば患者の負担が軽くなる。
 対象に追加されるのはほかに局所進行膵がん、局所進行子宮頸部腺がん、手術後に局所再発した大腸がん。いずれも切除できないケースに限る。
 粒子線治療は放射線治療の一種で、ピンポイントでがん細胞を攻撃できるという。

|

January 19, 2022

1/18 バイトダンス、大腸がんと闘う医療用AIを開発 病変の即時発見を支援

2211814

 内視鏡検査を定期的に受けている私にとっては朗報です。

バイトダンス、大腸がんと闘う医療用AIを開発 病変の即時発見を支援
excite ニュース 22/01/18
人気アプリTikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)傘下のヘルスケアブランド「小荷健康」が、大腸内視鏡用のAI診断支援ソフトウェアを開発した。このソフトウェアは、AI技術を利用し、臨床医が大腸がんの病変を即時に発見できるように支援するというものだ。

バイトダンスによると、大腸がんの標準診断に対する同ソフトウェアの感度と特異度(医療スクリーニングのレベルを反映する2つの重要指標)は、共に95%以上にまで向上しているとのこと。
 https://www.excite.co.jp/news/article/36kr_169348/

|

January 16, 2022

1/16 トンガで海底火山爆発 日本にも津波

2211611 2211612 2211613 2211614 2211615
1月16日、27年前の阪神大震災 記念日の前日未明に、トンガ 海底火山爆発と言うニュースが飛び込んできました。オーストラリアやニュージーランド近くといってもとおい海域での爆発。日本にも大きな影響を及ぼし、1m以上の高さの津波が押し寄せたと伝えています。
 NHKニュース「トンガ 現地被害は不明 大規模噴火でネットや電話つながらず」
2022年1月16日 17時23分
 また、「「温暖化」を超えるインパクト 寒冷化を引き起こす大噴火/6」
も気にかかります。
 ごん太と朝夕、松尾川堤防を散歩しました。

|

January 15, 2022

1/15 大阪肝臓友の会会報「友の会だより」193号版下づくり

22115info_syoukaki_kinnki 22115mimihara_tudoi 2211511 2211512
朝、ごん太と摩湯の田んぼまで散歩、途中、野菜の直売所を覗くとみかんが2000円で売られていました。
 午後からzoomの公開講座と新年集会が行われ、公開講座を試聴しました。
 肝臓友の会会報の版下づくり、東京肝臓友の会から提供いただいた昨年の世界肝炎デーでのパリパスツール研究所の島川先生の記念講演の版を組みました。図表が41枚あり、難儀しましたが、なんとかやり遂げました。島川先生のアフリカ最貧民国での肝炎撲滅の取り組みへの支援。日本の研究者も協力しあって、安価な検査と判定方法の開発で肝炎撲滅の実践と日本政府などへの支援の要請提言がまとめられています
 島川先生の講演は、YouTubeで日本肝臓病患者団体協議会が、配信し、どなたでも視聴できます

|

1/14 B型肝炎ウイルス感染を抑制する抗体を開発

B型肝炎ウイルス感染を抑制する抗体を開発
-ウイルス侵入受容体をターゲットにした新しい抗体医薬に貢献-
  理化学研究所・国立国際医療研究センター・広島大学 22/01/14

 理化学研究所(理研)生命医科学研究センター創薬抗体基盤ユニットの竹森利忠基盤ユニットリーダー(研究当時、現炎症制御研究チーム客員研究員)、生命機能科学研究センター創薬タンパク質解析基盤ユニットの白水美香子基盤ユニットリーダー、科技ハブ産連本部創薬・医療技術基盤プログラムの深見竹広マネージャー、後藤俊男プログラムディレクター(研究当時)、国立国際医療研究センター(NCGM)肝炎・免疫研究センターの下遠野邦忠客員部長、広島大学大学院医系科学研究科の茶山一彰教授らの共同研究グループは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染受容体であるヒトNa+/タウロコール酸共輸送ポリペプチド(NTCP)[1]に結合し、HBV粒子のヒト肝細胞への感染を阻害するモノクローナル抗体[2]を開発しました。本研究成果は、新たなB型慢性肝炎抗体医薬[3]の開発に貢献すると期待できます。

 現在、慢性肝炎を完治できる薬はなく、治療には主に核酸アナログ製剤[4]が使用されています。しかし、投薬法や安全性に問題があり、作用機序の異なる治療方法の構築が求められています。今回、共同研究グループが開発したモノクローナル抗体(N6HB426-20mAb)は、HBVの変異、遺伝子型[5]、血液中のHBs抗原[6]陽性の非感染性中空粒子[7]の存在に影響されることなくHBV感染を阻害でき、かつウイルス感染阻止に必要な抗体量では、NTCPの本来の機能である肝細胞へ胆汁酸[8]を取り込む輸送体としての生理活性は阻害されません。

 本研究は、科学雑誌『Journal of Virology』(3月9日号)の掲載に先立ち、1月5日付でオンライン掲載されました。

  https://www.riken.jp/press/2022/20220114_1/index.html

|

1/14 正しい知識のもと、早めに検査を受け、早期の受診・治療を B型肝炎

正しい知識のもと、早めに検査を受け、早期の受診・治療を
  大切な日常を守るための「B型肝炎」講座
   〜知っておきたいB型肝炎ウイルスと治療の基礎知識〜
 朝日新聞デジタル ギリアド・サイエンシズ 22/01/14

 年間約1万人が感染すると言われる「B型肝炎」(※1)。病名はよく聞くものの、実際にどのような病気かはあまり知られていません。そんなB型肝炎の特徴や治療について、わかりやすく伝えるオンライン講座が開催されました。フリーアナウンサーの木佐彩子さん進行のもと、クイズを交えながら、慶應義塾大学医学部内科学(消化器)准教授の中本伸宏先生が講演しました。

 免疫細胞がウイルスとともに幹細胞を破壊することで発症するB型肝炎
  https://www.asahi.com/ads/gilead202112hbv/
 

|

1/14 B型肝炎ウイルス感染を抑制する抗体を開発

B型肝炎ウイルス感染を抑制する抗体を開発
-ウイルス侵入受容体をターゲットにした新しい抗体医薬に貢献-

  2022年1月14日 理化学研究所/国立国際医療研究センター/広島大学

  理化学研究所(理研)生命医科学研究センター創薬抗体基盤ユニットの竹森利忠基盤ユニットリーダー(研究当時、現炎症制御研究チーム客員研究員)、生命機能科学研究センター創薬タンパク質解析基盤ユニットの白水美香子基盤ユニットリーダー、科技ハブ産連本部創薬・医療技術基盤プログラムの深見竹広マネージャー、後藤俊男プログラムディレクター(研究当時)、国立国際医療研究センター(NCGM)肝炎・免疫研究センターの下遠野邦忠客員部長、広島大学大学院医系科学研究科の茶山一彰教授らの共同研究グループは、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染受容体であるヒトNa+/タウロコール酸共輸送ポリペプチド(NTCP)[1]に結合し、HBV粒子のヒト肝細胞への感染を阻害するモノクローナル抗体[2]を開発しました。本研究成果は、新たなB型慢性肝炎抗体医薬[3]の開発に貢献すると期待できます。

  https://www.riken.jp/press/2022/20220114_1/index.html

|

January 14, 2022

1/12 お腹のがんのweb講座案内をいただく

 

22212info_hu_kyouseiki  大阪府健康づくり課のがん対策担当者から、大阪急性期総合医療センターが行う胃がんと大腸がんのWeb講座の案内がメールで届きました。

  おやじとその兄弟がみな大腸がんで亡くなっているので勉強しようと思っています。

Web公開講座「おなかのがんについて専門医と一緒に学びましょう」

「胃がん」、「大腸がん」は、早期に発見して治療すれば根治が可能な病気です。
「早期発見」の大切さと病気のことを専門医と一緒に学んで、「がん検診」を受けていただければ幸いです。

年に1回のがん検診が大切です。
誕生日の月には、がん検診を是非!

 日時:令和4212日(土曜日)午後130分から午後3
 場所: WEBセミナー (*手話通訳あり)
 費用:無料

 内容
  司会:藥師神崇行先生(消化器内科) 本告正明先生(消化器外科)
  13:35-13:55 胃がんってどんな病気?
      井上拓也先生(消化器内科)
  13:55~14:15 胃がんの治療ってどうするの?
      宮崎安弘先生(消化器外科)
  14:15~14:35 大腸がんってどんな病気?
      川井翔一朗先生(消化器内科)
  14:35~14:55 大腸がんの治療ってどうするの?
      寅川義規先生(消化器外科)

定員:700名(先着順)
申し込み期間: 29日(水曜日)まで
申込みサイト https://osaka-gs.jp/2021/10/news4446/ 
【問合せ先】大阪急性期・総合医療センター06-6692-1201

 

|

January 13, 2022

1/13 希少がんである肝内胆管がんの新たな発症機序を解明

22113kan_tankan
希少がんである肝内胆管がんの新たな発症機序を解明
  治療標的の同定により新規薬剤開発に期待
  ResQu 22/01/13

研究成果のポイント
  • 動物個体内で網羅的にがん遺伝子を探索出来る技術により、原発性肝がんの一種である肝内胆管がんの新たながん抑制遺伝子としてTRAF3(トラフスリー)を同定
  • 肝細胞におけるTRAF3の機能低下によりNIK(ニック)の活性化が生じ、肝細胞が高い増殖性を持つ胆管細胞へと分化転換し、肝内胆管がんの発生に至ることを解明
  • 希少がんである肝内胆管がんに対するNIKを標的とした新規治療の臨床応用に期待

    概要

 
  大阪大学医学部附属病院の塩出悠登医員、大学院医学系研究科の小玉尚宏助教、竹原徹郎教授(消化器内科学)、米国MDアンダーソンがんセンターのニール・コープランド(NealCopeland)教授らの研究グループは、動物個体内で網羅的にがん遺伝子を探索出来る技術を用いてスクリーニングを行い、原発性肝がんの一種である肝内胆管がんの発症にTRAF3が重要な役割を果たすことを発見しました。また、TRAF3のシグナル伝達経路の下流に存在するNIKが肝内胆管がんの新たな治療標的となることを証明しました

  https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2022/20220113_1

|

January 12, 2022

1/11 脂肪肝の進行に関与するタンパク質物質を金沢大が特定

22111nash 
脂肪肝の進行に関与するタンパク質物質を金沢大が特定

 マイナビニュース 22/01/11

 金沢大学は1月6日、「非アルコール性脂肪性肝疾患」(いわゆる脂肪肝)の進行の原因として、細胞の遊走を促すタンパク質の一種であるケモカイン分子「CCL3」が重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。
 同成果は、金沢大 医薬保健研究域医学系の長田直人講師らの研究チームによるもの。詳細は、ヒトの代謝の側面に関連する全般を扱う学術誌「Metabolism」に掲載された。
 脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が蓄積して障害されている疾患であり、その原因の1つとしてアルコールの飲みすぎが知られているが、近年の研究から、ほとんどアルコールを飲まないにもかかわらず、肥満などの生活習慣病に伴って生じる「非アルコール性脂肪性肝疾(NAFLD)」が増加していることが確認されるようになってきたという。
  https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220111-2247494/



 

|

1/12 肝炎対策の推進に関する基本的な指針の改正案の概要

2211212 2211211
1月12日、ニュースで報じられていますが、厚労省のサイトでの公表はまだのようです。
根治薬の開発などで「肝炎の完全な克服」目指す 厚労省が指針改正案を公表
CBニュース 2022/01/11
 厚生労働省はこのほど、肝炎対策の推進に関する基本的な指針の改正案の概要を公表し
た。B型肝炎に対する根治薬の開発やC型肝炎の抗ウィルス療法の活用により、肝炎ウイ
ルスを高い確率で体外に排除することを可能にし、「肝炎の完全な克服」をめざす。2月 下旬に告示・適用する予定

|

1/12 肝炎対策の推進に関する基本的な指針の改正案の概要


2211212 2211211
1月12日、ニュースで報じられていますが、厚労省のサイトでの公表はまだのようです。

根治薬の開発などで「肝炎の完全な克服」目指す 厚労省が指針改正案を公表
CBニュース 2022/01/11
 厚生労働省はこのほど、肝炎対策の推進に関する基本的な指針の改正案の概要を公表し
た。B型肝炎に対する根治薬の開発やC型肝炎の抗ウィルス療法の活用により、肝炎ウイ
ルスを高い確率で体外に排除することを可能にし、「肝炎の完全な克服」をめざす。2月 下旬に告示・適用する予定。

|

January 11, 2022

1/11 長崎医療センターweb講座「肝がんの最新治療」を視聴

21z01_kouza_nagasaki_2_20220113060501 22110tama
 一日中うっとうしい雨。雨の合間を縫って朝の散歩はごん太と松尾川堤防を歩きました。スマホのバッテリーが少なく、写真は無しです。
 つれあいは、眼がかゆいといって午前は岸和田の眼科クリニックへ。私はつれあいが書き殴った年金者組合の支部ニュース用原稿をパソコン入力し、事務局担当のKさんに送信しました。
 1日自宅で、長崎医療センターの肝がん治療web講座視聴、健康友の会や社保協の事務作業、夕方から夕食の買い出しと調理のお手伝い。
 
 長崎医療センターのweb講座、肝がん発がん初期から、再発を繰り返す進行肝がんまで、その治療法と選択をわかりやすくまとめられていました。大変参考になります。

|

1/11 news「遺伝子操作したブタの心臓 人に移植成功 世界初 アメリカ」


肝臓病にも導入する時期が近づいているのでしょうか。
22111_01
遺伝子操作したブタの心臓 人に移植成功 世界初 アメリカ
 NHKニュース 22/01/11
 遺伝子を操作して、拒絶反応が起こりにくくしたブタの心臓を、人間に移植することに世界で初めて成功したと、アメリカのメリーランド大学は10日、発表しました。

 研究チームによりますと、移植を受けたのは、不整脈で入院している57歳の男性で、症状が重いため通常の心臓移植の対象にならず、ほかの治療法では回復が見込めない状態だったということです。


|

January 08, 2022

1/7 保険の種類でがん早期発見に差

22107nhk

国民健康保険加入者への検診事業を保険者(自治体)は強化してほしい。

保険の種類でがん早期発見に差

 NHKニュース 22/01/07

 検診でがんを早期に発見できた患者の割合は、加入している公的医療保険の種類によって差があるという研究結果を大阪国際がんセンターなどの研究グループがまとめました。
早期発見の割合が最も低かったのは、自営業の人などが加入する市町村の国民健康保険で、専門家は検診を受ける啓発を進めるべきだと指摘しています。

  https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20220107/2000056142.html

 

 

 

Continue reading "1/7 保険の種類でがん早期発見に差"

|

January 07, 2022

1/7 七草粥

2210701 2210711 2210712 2210713 2210714
 1月7日、朝食は七草粥。スーパーで買った愛媛の農協のパック。アンケート用のQRコードが付いていて、スマホで送信すると100名にお米が当たります。以前、1回だけゲットしました。
 ごん太と松尾川堤防を散歩し、カモをたくさん見かけました。
 午後から、今年初めて天満の患者会事務所へ。
 近畿大学病院相談支援センターから、肝がんとがんの放射線治療Web講座の案内が届いていました。
 難渋する多発肝がんや転移肝がんの薬物療法のお話が聞けそうです。申し込みます。

|

1/6 がん粒子線治療に「十分な根拠」 一部で従来療法より生存率改善

22106mhlw
がん粒子線治療に「十分な根拠」 一部で従来療法より生存率改善

 河北新報 22/01/06

 厚生労働省の先進医療会議は6日、医療費の一部で保険適用が認められるがん粒子線治療について、切除できない肝内胆管がんや大型の肝細胞がんなどでの使用は、従来療法より生存率の改善が明確に示されるなど「十分な科学的根拠がある」との見解をまとめた。
 見解をもとに中央社会保険医療協議会(中医協)が全額保険適用への移行を議論し、認められれば4月から適用となる。国内ではこれまでに前立腺がんや小児がんなどで全額適用になっている。
 十分な根拠があるとされたのは他に、局所進行膵がん、局所進行子宮頸部腺がん、手術後に局所再発した大腸がんで、いずれも切除できないケースに限る。
 https://kahoku.news/articles/knp2022010601001668.html

 

Continue reading "1/6 がん粒子線治療に「十分な根拠」 一部で従来療法より生存率改善"

|

January 06, 2022

1/6 早朝配達、療養からの情報「肝臓病市民公開講座」

22115info_koube_syoukaki_20220110003001 2210611 2210612 2210614 2210615 2210616
 1月6日、4時起床、早朝のお手伝いから始まりました。松尾川にはコサギやカモが朝食中でした。兵庫の療友から消化器病学会の公開講座の案内が寄せられました。腸・膵臓・肝臓の講座です。昨年は十二指腸の粘膜剥離術も受け、今年は肝腫瘍のマーカーも高くなって、27日には専門医の診察もあります。良い機会の勉強に。
 最後の写真は買い物帰りに今福公園からの夕日です。
 朝のごん太との散歩ではチラホラ雪が降っていました。5枚目の写真に雪が筋になって映り込んでいます。

|

January 05, 2022

1/5 今日も健康友の会「とも」の配達

2210511 2210512 2210513 2210514
1月5日、昨日に続いて健康友の会の「とも」を弥生町と観音寺町に配りました。
弥生町からの景色をパチリ。

|

January 03, 2022

1/3 久米田寺・久米田池へ

2210311 2210312 2210313 2210314 2210315 2210316 2210317 2210318 2210319

1月3日、お昼前に久米田寺へつれあいとお詣り。池を一周しました。双眼鏡で野鳥を楽しみました。

|

患者会の年賀状と国会請願署名完成

22101nenga_kan

 大阪肝臓友の会の年賀状です。

 また、日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の国会請願署名用紙「すべてのウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の救済を求める請願」 が完成、届きました。

22seigan_jhc_1 22seigan_jhc_2

 署名用紙ダウンロード

 日肝協国会請願「すべてのウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の救済を求める請願」署名用紙ダウンロード - 22seigan_jhc.pdf

 

 



 

 

 

|

January 02, 2022

1/2 つれあいと日の出を見る

2210211 2210212 2210213 2210214

昨夜、つれあいが星空がすごくきれい、明日の日の出は素晴らしいはずというので、日の出にあわせてつれあいと散歩に出かけました。日の出は7時5分頃。山の上に出たのは7時20頃。寒いなかを松尾川の橋のたもとで待つことになりました。
霜も見ることができました。

|

January 01, 2022

あけましておめでとうございます

22101nenga_sn 22101tora

謹賀新年

 本年もよろしくお願いします

 新型コロナウイルス感染に気をつけましょう

|

« December 2021 | Main | February 2022 »