« 1/11 長崎医療センターweb講座「肝がんの最新治療」を視聴 | Main | 1/13 希少がんである肝内胆管がんの新たな発症機序を解明 »

January 12, 2022

1/11 脂肪肝の進行に関与するタンパク質物質を金沢大が特定

22111nash 
脂肪肝の進行に関与するタンパク質物質を金沢大が特定

 マイナビニュース 22/01/11

 金沢大学は1月6日、「非アルコール性脂肪性肝疾患」(いわゆる脂肪肝)の進行の原因として、細胞の遊走を促すタンパク質の一種であるケモカイン分子「CCL3」が重要な役割を果たしていることを明らかにしたと発表した。
 同成果は、金沢大 医薬保健研究域医学系の長田直人講師らの研究チームによるもの。詳細は、ヒトの代謝の側面に関連する全般を扱う学術誌「Metabolism」に掲載された。
 脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が蓄積して障害されている疾患であり、その原因の1つとしてアルコールの飲みすぎが知られているが、近年の研究から、ほとんどアルコールを飲まないにもかかわらず、肥満などの生活習慣病に伴って生じる「非アルコール性脂肪性肝疾(NAFLD)」が増加していることが確認されるようになってきたという。
  https://news.mynavi.jp/techplus/article/20220111-2247494/



 

|

« 1/11 長崎医療センターweb講座「肝がんの最新治療」を視聴 | Main | 1/13 希少がんである肝内胆管がんの新たな発症機序を解明 »