« 2/21 肝がん患者への取材を受ける | Main | 2/23 日根野へ、「FibroScan Note」「MRE Note」届く »

February 22, 2022

2/22 十二指腸ポリープ(十二指腸がん)のチェック

2222211 2222202
 2月22日、ごん太と朝の散歩を済ませ、大阪市内の総合病院で上部消化管の内視鏡検査を受けました。
 10時予約、10時少し前に内視鏡室の受付を済ませると看護師さんから呼ばれ、喉の麻酔をして、昨年十二指腸のポリープの粘膜剥離術をしてくださったY先生が検査を担当してくださいました。
 腸がよく動くことや、ポリープと乳糖の鑑別がつきにくく、検査には時間がかかり25分くらいか借りました。
 鑑別不能の部分の組織採取のためのワイヤーも用意されたのですが、錯塩の治療に付き添われたS先生を呼ばれ、相談された結果、3/1の肝切除に影響しないように、組織検査は4月に検討されることになりました。胃や食道には異常はなかったようです。
 10時40分に内視鏡室を退出、会計を済ませて、天満の患者会の共同事務所に立ち寄り、郵便物を回収して帰宅しました。
2222101
 今後の予定では予約表が医療費領収書の横に一覧が印字されています。写真②、乳腺外科とありますが、この日はICG試験が予定されており、その対応だと思います。
 安静時の検査です。ドクターからは、起床してから何もせず、食事・運動は厳禁と指示されています。ごん太の散歩もだめです。車で病院へ向かいます。
 今朝の起床後の体温は35.6℃、病院玄関での検温は36,0℃、帰宅して検温は37℃。昼食後、1時間ほど昼寝をして、昨日の社保協の幹事会の報告書を作成、欠席者にレジメとともに届けました。
 夕方、運動がてらに町内を散歩しました。

|

« 2/21 肝がん患者への取材を受ける | Main | 2/23 日根野へ、「FibroScan Note」「MRE Note」届く »