« 2/8 がん患者はオミクロンにどう対処すれば良いか? | Main | すべてのウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の救済を求める請願にご協力を! »

February 09, 2022

2/9 肝がんで肝胆膵外科受診

2220915 2220914

 2月9日、ごん太と松尾川を歩いて、つれあいと大阪の総合病院に向かいました。外科で再発した肝がんの治療について説明を受けました。
10時、病院着、外来受付を済ませ、診察室前に着くとすぐに呼ばれて、Sドクターから治療計画について説明を受け、術前診察や検査を受けに、各科をまわりました。
 S8領域を5cm程腹腔鏡下肝切除になり、肝臓の裏側部分に回り込んでの手術になるそうで、予定では8時30分に手術場に入り、全身麻酔と硬膜外麻酔処置をして10時から17時までかかり、その後、19時近くまで麻酔が覚めるまで、手術室で過ごし、ICUで1泊して、病室へ。10日ほどで退院予定とのことでした。
 生理機能(心電図、肺活量や肺機能)、循環器内科、糖尿病内科(入院中もドクターのフォローを受けます)、麻酔科、そして再び外科。Sドクターから、入院までの段取りについて説明を受けました。
 2/24(木)入院前新型コロナPCR検査、肝予備能検査(ICG試験)を受けることになり、その日にS先生の診察を入れて頂きました。
 14時30分から入院センターで看護師さんから問診、入院手続きや入院時の説明、薬剤師さんから入院中の服薬など説明を受け、会計を済ませると15時20分。
2220911 2220912 2220913
 会計では、B型肝炎医療費助成の医療券の扱いについて、担当者が判断できず、消化器内科の主治医と連絡をとっていただきましたが、捕まらず、精算は後日となり、循環器内科・糖尿病内科の診察の負担分70円を支払い、病院を後にしました。
 肝臓友の会の会報「友の会だより」193号が刷り上がったので、途中印刷会社に立ち寄り帰宅しました。17時になっていました。

|

« 2/8 がん患者はオミクロンにどう対処すれば良いか? | Main | すべてのウイルス性の肝がん・重度肝硬変患者の救済を求める請願にご協力を! »