October 10, 2006

美味しく学ぶ C型肝炎患者の旅

04z2911
 10日、月曜日の当番日が祝日でしたので、療養相談の整理と今月中旬の保健所などでの講演会などの準備のためにのために患者会の事務所に立ち寄りました。
 会報発送直後ですので、お手紙やハガキでの相談事が数件あり、そのどれもが高齢の方からの、肝硬変の症状に対する相談でした。
 すすんだ肝硬変への対応は、難しいことがたくさんあり、ゆっくり専門医と相談できる場があればと、思います。

 九州肝臓友の会の事務局を担当されているKさんからお礼のメールをいただきました。
 8日に、肝臓病講演会を開催したところ130人あまりの参加で、盛大に行うことができたとのことです。
 薬害肝炎訴訟九州原告の小林さんのブログを見ると、新しい会長さんと、小林さんが難病連の担当になると紹介されています。
 日肝協で九州担当のお世話役として関わっていて、室田会長さんが今年亡くなられた後の体制を心配していましたが、若い人材が受け継いでくれて、よかったです。


 「グルメディカルツアー」のご案内も寄せられました。

Continue reading "美味しく学ぶ C型肝炎患者の旅"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

ひとつの病院では

0631001
 庭のぼけの花が咲き始めました。
 7日、患者会の運営委員会が開催され、会議が終わってから参加されたC型肝炎で困っているFさんから相談を受けました。GPT値をもう少し低値に安定させたいというものでした。

Continue reading "ひとつの病院では"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2006

がんを宣告されたとき

0631211
 患者会に「京都府のがん医療 今日と明日-医師に聞く がんを宣告されたとき-」というショッキングなテーマのがんシンポジウムの案内が届きました。3/25に京都で開催されます。
 会場は、京都リサーチパーク4号館 地下バズホール
 東京では、19日に「第3回がん患者大集会」がNHKホールで3000人規模で開催されます。全国各地で、患者の視点から、すべての患者がきちんと医療を受けられるような仕組み作りに役立つ集会が広まることが期待されます。
 しかし、公的医療保険で受けられない医療が広まる風潮に危機感を持っています。
 

Continue reading "がんを宣告されたとき"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2005

薬害を起こし、拡大させるのは「人」

05x00202

 2日午後、ドーンセンターで開催されたパネルディスカッション「薬害イレッサと薬害肝炎を考える~医薬品の安全性~」に参加しました。
 イレッサの被害者や訴訟を担当されている弁護士さんのお話を聞いていて、花井十悟さんの基調講演の中でおっしゃっておられた「薬害を起こし、拡大させるのは『人』」を実感しました。

 

Continue reading "薬害を起こし、拡大させるのは「人」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 31, 2005

8月後半の予定

0582101


 8月後半の予定です。
 8/16(火) がんを語る有志の会世話人会
 8/21(日) がんを語る有志の会・定例会
 8/23~8/25 長野平和の旅(下見)
          ちひろ美術館無言館もう一つの歴史館・松代
 8/24(水) 薬害根絶デー/厚労省前・東京弁護士会館
          (チラシは以下のファイルに)
        「05824bira.pdf」をダウンロード
 8/27(土) 日本肝臓学会・大阪府主催「肝がん撲滅市民公開講座」
      <定例>がんに関する講演・相談会
 8/28(日) 【横浜】がん征圧を目指す市民公開シンポジウム
    私は残念ながら参加できません。がん患者大集会をお手伝いしたメンバーが、お手伝いなど応援に参加されます。

 8/29(月) 薬害肝炎訴訟・大阪 第17回期日(原告本人尋問)
 8/31(水) 「第1回がん患者大集会」報告集完成予定

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 31, 2005

6・7月肝臓病講演会ご案内

 私のところに情報が寄せられている肝臓病講演会(6・7月開催分)のリストアップをしますと、

 6/ 4 東京 町田市コメット会館 

 6/11 熊本 東急イン熊本

 6/12 東京 文京区民センター

 6/19 神戸市立勤労会館

 6/25 神奈川 横須賀ウェルシティ

 6/25 京都産業会館

 6/26 兵庫 豊岡市民会館

 7/ 3 大阪 国際会議場

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 04, 2005

医学・医療情報を提供する患者図書室

0550101
<写真 岸和田城のお堀>

 病院図書室研究会のメンバーから案内をいただきましたので紹介します。
 「病院図書室研究会
   
 病院図書室研究会が、患者図書室について、柳田邦男氏のご講演や、
医師・看護師・患者・司書の立場からのシンポジウムを行う予定です。
  「病院図書室研究会設立30周年記念大会 『ともに考えよう医療情報-病気の知識をもっと身近に』


Continue reading "医学・医療情報を提供する患者図書室"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2005

肝臓週間(5/23-29)公開講座など

0550200
 肝臓週間の記念イベント
  ●財団法人ウイルス肝炎研究財団
    5/28 松山市 パネルディスカッション
    各地の公開講座(旭川~呉)
  ●社団法人日本肝臓学会
    5/21 大阪 5/29 東京

Continue reading "肝臓週間(5/23-29)公開講座など"

| | Comments (1) | TrackBack (1)

March 01, 2005

患者の視点はどこまで医療政策に取り入れられるのか

 標題の東京大学・医療政策人材養成講座の公開ワークショップが、3月13日(日)に大阪で開催されます。
 会場は大阪国際会議場(グランキューブ大阪)3FイベントホールA。

 プログラムは、
 13:00 「患者発の医療改革~医の原点を考える~」
      高木眞一氏(東京大学医療政策人材養成講座プログラムディレクター)
 13:30~16:20 ワークショップ
  ①「患者発の医療改革~患者の視点はどこまで医療政策に取り入れられるのか~」
      座長 埴岡健一氏(東京大学医療政策人材養成講座特任助教授)
  ②キーノートスピーチ1「患者代表として今、医療政策になにを問いかけるのか」
      勝村久司氏(医療情報の公開・開示を求める市民の会)
  ③キーノートスピーチ2「患者会に期待される役割と課題」
      和田ちひろ氏(東京大学医療政策人材養成講座特任助手)
  ④活動事例報告1「私はこうして医療政策に働きかけた」
      大久保通氏(NPO法人日本移植者協議会理事長)
  ⑤活動事例報告2「今、がん患者はなにを動かそうとしているのか」
      三浦捷一氏(がん患者大集会実行委員会代表)
  ⑥活動事例報告3「今、患者会がなすべきこと~患者学会の設立をめざして~」
      石井政之氏(NPO法人ユニークフェイス理事長・当講座第1期受講生)
  ディスカッション

 16;20~ 東京大学・医療政策人材養成講座のご案内
      市村公一氏(東京大学医療政策人材養成講座特任講師)

☆お問い合わせは、東京大学医療政策人材養成講座まで
         
  

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2005

厚生労働科学研究費肝炎等克服緊急対策研究 公開報告会

 ウイルス肝炎研究財団のサイトに、で、研究班の公開報告会開催案内が掲載されました。
   http://www.vhfj.or.jp/02.event/02_exhi.html

 この研究班リストも同財団のサイトに掲載されています。
 どなたでも参加でき、無料です。

  日時:  2005年3月5日(土)  10:00~17:30
  場所:  経団連会館(14Fホール)
         東京都千代田区大手町1-9-4

| | Comments (1) | TrackBack (0)