July 02, 2021

7/2 会報「友の会だより」校正作業

2170221 2170222 2170223 2170224 2170225
 7月2日、ごん太と朝の散歩を済ませ、ごん太を動物病院に。手術前のチェックと歯石取り。
 午後から、天満の患者会共同事務所で会長さんと会報版下の校正作業をしました。
写真1枚目は会報の目次、5枚目は患者会のビルのエントランス。

Continue reading "7/2 会報「友の会だより」校正作業"

|

May 31, 2021

5/31 和歌山合同会議 世界肝炎デーなどの準備


1853111bakusyu 2153111 2153112
 写真最初は、数年前に上京した折の滋賀県近江八幡付近の麦秋(新幹線から)
 5月31日、ごん太と散歩の途中で市長選挙の公営掲示板を見かけました。選挙が無投票になったことを告知されていました。
 18時から、和歌山県の対策でB型肝炎訴訟大阪原告団弁護団との合同会議がzoomで行われました。
 その前には、国立病院機構南和歌山医療センター医事課の方から、世界肝炎デーに関わる打合せのメールが来ました。
 今年は、市民啓発活動が世界肝炎デー(7/28)に間に合わず、秋に開催するように準備を始めるそうです。

 日本肝臓学会の世界肝炎デー(日本 肝臓週間)の啓発講演会はwebで開催されると告知されています。

Continue reading "5/31 和歌山合同会議 世界肝炎デーなどの準備"

|

May 22, 2021

5/22 新型コロナワクチンのこと

2152103_20210523050301
新型コロナワクチンのこと
 ラインや電話で予約ができなかったのですが、つれあいが、5/21にかかりつけ医に血をさらさらにする薬をもらいに行って、ついでにワクチンのことを聞くと、打ってもらえることになりました。6月になります。
 私の方は、24日に大阪市内の総合病院で、十二指腸癌の治療計画の説明を受けます。それを聞いてから、「特定健診」とあわせて予約をすることにします。

Continue reading "5/22 新型コロナワクチンのこと"

|

May 20, 2021

5/20 ソラダス2021と肝炎フォーラムzoom会議

2152001 2152002 2152011 2152012  2152013
5月20日、早朝は、Tさんのお手伝いで4時起き。
夕方、大気汚染の調査活動「ソラダス2021」に協力しました。雨で、つれあいに車を出してもらい、府中町2、4、和気町3で5本測定瓶を電柱のアース線などを利用しぶら下げました。
 午後から天満の患者会共同事務所へ郵便物の回収に、夕方から肝炎関連3団体による「肝炎フォーラム」(zoom会議)。
 午前中には、日肝協代表幹事からメールで届けられた厚労省「第26回肝炎対策推進協議会」の配布資料に目を通しました。議事の2番目には、自治体の取り組みで大阪府と山口県の取り組みが取り上げられます。

|

November 30, 2006

富田林市議会へ

06z0102_1
 富田林市議会への要望書

 30日、大阪肝臓友の会のKさんから、富田林市議会へ『肝炎問題の早期全面解決とウイルス性肝炎の早期救済を求める意見書』の提出を求める要望書」を議長さん宛に提出(29日)し、30日も市議会の各会派の議員さんにお願いして回ったと報告がありました。写真はファクスで届けられた「要望書」の写しです。

Continue reading "富田林市議会へ"

| | Comments (3) | TrackBack (0)

腫瘍内科医にたどり着いたが

06y3011 西大橋駅近くの公園で

 肝がんに関するする相談が増えています。
○ 60歳代後半の男性、なんども肝がんが再発し、塞栓療法をお受けになっていましたが、どうしても4cmの部分が小さくならない。放射線科の主治医からリザーバーによる動注化学療法に切り替えた方がよいとアドバイスがあった。定期的に抗がん剤を注入することになるので知人の情報で、居住地近くの大学系総合病院の腫瘍内科医の診察を受けたところ、「自分は乳腺や子宮・卵巣癌を中心に治療している、肝臓はちょっと・・・」というお返事、どこか近くで良いドクターはいないか?
○ 50歳代のB型肝炎女性。今年初めに大学病院で肝がんの治療を行った。近医で抗ウイルス剤を処方してもらい、定期的にCT検査を受けている。今月の検査でまた影が出てきた。何度も再発するのだろうか。再発を抑制する良いお薬は?。近医は来春には転勤する予定のようだ、不安ばかり。
○ 非環式レチノイドの治験中、まもなく1年経過。今月のCTで、5ミリ程度の影がでてきた。2月の検査で治療方針を決めるとのこと。もし治療するとすれば、治療後の再発予防は、どうすれば。

 むつかしいご相談ばかりです。 

Continue reading "腫瘍内科医にたどり着いたが"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

November 29, 2006

肝炎治療情報が欲しい

 日肝協の「全国交流のつどい」(11/11-13)が終わってから取りかかっていた会報「友の会だより」版下作成がやっと完了しました。
 当方の準備不足で、9月に四条畷保健所で行われた肝臓病啓発講演会」(阪大付属病院・平松直樹先生)の高齢者のインターフェロン治療をどうするのかを説明されたものを掲載することができませんでした。
 講演録としては、東京肝臓友の会の「肝臓のひろば 10月号」に掲載された「市民のための癌治療の会」の肝臓癌治療に関するものを転載させていただきました。

 患者さんが待っている情報を掲載することは、たいへんな努力の積み重ねがなければできませんが、遠くの方から「新聞で紹介されていた」といって、電話をいただくと励みになります。
 今月だけでも、新潟、北海道、福井県の方から電話やメールで購読の依頼がありました。

Continue reading "肝炎治療情報が欲しい"

| | Comments (5) | TrackBack (1)

November 21, 2006

肝炎患者支援策実現のために 新たな活動を

06y210106y210206y210306y2104

 写真 連絡会設立集会 左から、集会全景、公明党・赤松議員のご挨拶、民主党・島田議員のご挨拶、薬害肝炎訴訟弁護団・福地弁護士のご挨拶
 21日、衆議院第一議員会館で「ウイルス肝炎総合対策の推進を求める全国連絡会(肝炎連絡会)」の設立集会が開催されました。全国から肝炎患者や日本難病疾病団体協議会、はばたき福祉事業団、全国保険医団体連合会、各政党の国会議員の先生方や秘書の方など、140人あまりが参加し盛大に集会が行われました。


Continue reading "肝炎患者支援策実現のために 新たな活動を"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 20, 2006

不安で不安で・・・

06y2001
 20日、定例の患者会事務所当番。
 京都府立医大の岡上教授が執筆された、新刊書が届けられました。(写真)
 最新治療で肝臓病を治そう銀海舎刊。
 ・B5変型判並製、128頁、カラー印刷
 ・定価2,100円(税込)+送料
 ・岡上 武氏(京都府立医科大学消化器内科教授)著


Continue reading "不安で不安で・・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

やさしく講演、丁寧なコメント

06y190106y1902
 19日午前、昨日に引き続いて壁画修復を少し手伝って、午後からの滋賀県南草津で行われた滋賀肝臓友の会のスタッフとして講演会をお手伝いにいきました。私の係は、パワーポイントのソフトが入ったノートパソコンを提供し、会場で使えるように設置することでした。
 あとはもう一般の聴衆のように先生のお話やら、交流会での参加者のお話を聞き入るだけ。
 私と同じ、B型肝炎の患者さんも2人いて、先生も用意したスライドに熱のこもった説明をしてくれました。

 写真:左 講演会後の参加者からの質問風景 右:交流会、みんなが不安を出し合いました

Continue reading "やさしく講演、丁寧なコメント"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧