August 25, 2021

8/25 医療費助成申請、生活習慣病クリニック受診

2182511 2182512 2182513 2182514 2182515
 8月25日、ごん太と散歩し、朝食を済ませて、和泉保健所へ。
 B型肝炎の核酸アナログ製剤服用で、医療費助成の更新手続きです。難病の指定難病更新手続きも、エントランスの片隅に臨時受付を設置して行われていました。こちらの方には、4人ほど待つ人がおられました。(写真4枚目、保健所外観)
 10時半からは、高血圧と糖尿病でお世話になっているクリニックの診察。余震の看護師さんからは、前回診察からの他院での状況を詳しく聞かれました。十二指腸ポリープ(がんの疑いだったが違ったことと、24日のフォローに内視鏡検査、肝がんの腫瘍マーカーが上がってきていることを報告しました。
 4月から担当のドクターが替わり、Y医師。
 血圧が低くなってきたので、アムロジンを止めることになりました。HbA1cは、7.1。6台に下げることを目標にがんばるように励まされました。

Continue reading "8/25 医療費助成申請、生活習慣病クリニック受診"

|

June 28, 2021

6/28 池上曽根遺跡古代ハス、B型肝炎訴訟基本合意10周年企画

2162811 2162812 2162822 2162815 2162814 2162823 2162813

 6月28日、早朝起床し、肝臓友の会の会報作り。ごん太と散歩し、諸費の支払いのために銀行、ついでに池上曽根遺跡の古代ハスをみにいきました。咲き始めていましたが、高床式建物の前の大きなハスは、咲くまでにはもう少し日にちがかかりそうです。

Continue reading "6/28 池上曽根遺跡古代ハス、B型肝炎訴訟基本合意10周年企画"

|

April 27, 2021

4/27 胃カメラ バイオプシーも、国がん 10年生存率

21427nhk_gan_20210429232601 2142711 2142711_20210429232701
4月27日、ごん太と散歩を済ませ、朝食を抜いて(インスリンや服薬も中止)、大阪市内の総合病院へ、胃カメラ検査を受けに行きました。10:00予約、内視鏡検査受付に5分前に到着し14番の整理券をいただきました。13番の方が入室され、新聞の主張欄を読んでいると入室を促されました。防護衣(ビニール製)を着た看護師さんに促されて胃の洗浄液、舌やのどの麻酔薬を2回飲み。これは何度経験してもいやなものです。
 血圧・酸素濃度のセンサを付けられて(127/78、98%)ベッドに横になり待っていると、30代前半と思われるドクターがやってきて、名前と生年月日の確認をされて、始まります。黒い蛇のような、口から虹の強い光を放つ胃カメラが口に近づくと緊張します。
 苦痛なく喉を通り、食道から胃にかけてていねいに観察されている医師と看護師さんのやりとりを聞いていると、昨今のコロナ禍のもとの消化器内科業務の状況のやりとりをされていました。
興味深い内容が途切れ途切れに聞こえてきます。胃カメラ検査やラジオ波治療等の制限が始まる様子が話されていました。
 突然ドクターが、近くで他の作業をされているドクターに声をかけて、「○○先生、チョット一緒に観て」と、そしてやりとりを簡単にされて、バイオプシー(組織検査)を追加することになりました。看護師さんから、私の服薬状況の報告をうけ、了解されて実施。胃カメラの根本の注入口から色素散布用色素が注入、その後、組織採取用のワイヤーが看護師さんによって挿入されました。初めての経験です。ワイヤの先に極小のクリップが付いているようです。組織採取は看護師さんと医師との共同作業でした。

Continue reading "4/27 胃カメラ バイオプシーも、国がん 10年生存率"

|