February 22, 2006

物産展 観光から肝炎対策まで

0622206
 博多駅で熊本物産展が開催されていました。
 いろいろ珍しいものも陳列されていて、馬刺しには手が出そうになりましたが、帰阪が相当遅くなりそうなのであきらめました。
 写真は人吉の手毬のコーナー。

 玉名のお店のサイトではでは、ひな人形の写真がアップされています。すばらしいできばえです。写真も。

Continue reading "物産展 観光から肝炎対策まで"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2005

「肝臓タウン」-サーバーがダウン

 肝臓病患者の情報交換の掲示板「肝臓タウン」のサーバー(畑内科クリニック設置)が、故障し、閲覧も書き込みもできなくなりました。ただ今修理作業中です。
 修理ができあがるまで、仮のURLに「肝臓タウン」を引っ越ししていただきました。
 こちらでご利用ください。
  http://omc.hata.ne.jp/kanzobbs/webbbs.html

 <05/0702 追記>
 お待たせしました。サーバーが復活しました。オーナーの畑先生、ご苦労様でした。

  http://www.hata.ne.jp/kanzobbs/webbbs.html

| | Comments (4) | TrackBack (0)

February 22, 2005

「肝臓タウン」と障害年金

 肝臓病患者の情報交換の掲示板「肝臓タウン」が、この4月に8年目を迎えます。
 大阪市内の開業医「畑内科クリニック」(甲状腺線専門医)にサーバーがあり、畑直成医師が管理されています。
 立ち上げは、1998年4月。途中サーバーのトラブルにより6000件くらいの書き込みデータが消失しましたが、その後は畑先生のご努力で13000件にも上るデータが保存され、どなたでも療養の参考にすることができます。
 マイクロソフトのデータベースソフト「アクセス」で構築され、必要なデータを検索をかけてご覧なることができます。
 延べアクセス数もまもなく43万に到達します。
  

Continue reading "「肝臓タウン」と障害年金"

| | Comments (11) | TrackBack (0)

August 05, 2004

紙碑 原爆被爆者手帳

 私のウェブログの左の上にある写真は、第5福竜丸。
 第五福竜丸展示館、被爆50周年の事業で、今、第五福竜丸を覆い隠すように5千枚の写真が展示されているようです。

 明日は広島に原爆が落とされた日です。多くの被爆者が、C型肝炎でも苦しんでします。
 
 5月16日からブログ上で「紙碑 原爆被爆者手帳」の掲載が始まりました。
 16日の始まりの書き出しには、
  ----------------------------------
  「紙碑」は、1981年に原爆養護老人ホーム「舟入むつみ園」開設10周年と被爆35周年を記念して、同ホーム入所者72名の被爆者によって書かれた被爆体験の証言集です。この証言集は被爆体験のみならず、被爆後の生活について多くの執筆者が言及している点において、読む者に原爆投下のすさまじさとともに、それによってもたらされた生活の大きな変化をも知る機会を提供してくれています。
  ----------------------------------
とあります。
 紙碑 原爆被爆者手帳をぜひ訪れてください。
 

Continue reading "紙碑 原爆被爆者手帳"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2004

シネヌーヴォで

 19日から、大阪市西区九条の映画館シネヌーヴォで『熊笹の遺言』 が上映されます。

 「熊笹の遺言」:遠い昔に追われた故郷、まだ終わってはいなかった・・・・。ハンセン病勝訴のその後を描いた感動のドキュメンタリー映画!

| | Comments (0) | TrackBack (0)