January 20, 2006

肝炎患者の孤独死

0612001



 肝炎患者の藤居さんのブログの取り組み「C型肝炎お仲間アンテナ -我らC型肝炎と向き合ってるぞ-」をみていて、「笑えばさん」のブログ「C型肝炎併用療法の開始」に気になる書き込みがありました。
 ペグインターフェロン単独治療を受けていた41歳の独身女性がアパートで誰にも知れずに亡くなっていたそうです。療友が連絡が取れなくなったので心配して大家さんに見に行ってもらったのだとのこと。
 ペグインターフェロンは、1週間から10日間に1回の注射でよく、副作用のチェックもその注射の時というふうに、医療者が患者に接する機会が少なくなってきます。どうして亡くなられたのか理由が気になるところです。
 気をつけなければなりません。
 従来型のインターフェロンですと、自己注射でない限り週3回程度は看護師さんに注射をしてもらいます。そのときに看護師さんたちが副作用の出方や患者の様子をチェックできるのです。ペグではその間隔が1週間以上開いてきますし、患者数の多い大病院では、患者さんに看護師さんが声をかけて様子をうかがうゆとりさえなくなりがちです。このことも気にかかることです。

 肝炎に関して他の話題も。
■B型肝炎訴訟 最高裁が4月に弁論 北海道新聞読売新聞
■日刊ゲンダイ 肝臓病から身を守るQ&A(月~金) <写真>
 
   

Continue reading "肝炎患者の孤独死"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2005

フィブリノゲン接着剤でC型肝炎感染?

0542700

 写真 我が家でもオダマキが咲きました。花言葉「断固として勝つ」から、薬害肝炎訴訟大阪のシンボルの花となっています。

 昨日の読売オンラインニュースで組織接着剤でC型肝炎?厚労省が出荷見合わせ指示」の記事が流されています。
 今でもヒトフィブリノーゲンを原料にして、手術の時の治療材料(接着剤)として、接着シート「タココンブ」が使われていたようです。
 これを使用した患者がC型肝炎に感染した可能性があると販売元に指示が出されました。
 フィブリノゲンが裁判にもなっている中で、厚労省は、自らこれらを使った医薬品の厳重な見直し作業を行ってこなかったのか、そのあたりのことが気になった記事でした。 

Continue reading "フィブリノゲン接着剤でC型肝炎感染?"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 01, 2005

「がん患者大集会」の参加受付始まる

 「第1回がん患者大集会」が5月28日(土)、NHK大阪ホールで開催されます。
 毎週1回、世話人方々が集まって準備を進めています。厚労省や大阪府も後援団体に名を連ねていただくことができました。
 4月1日から、参加受付の作業も始まりました。どしどしご参加ください。
 申込みフォームは、「がん患者大集会」のサイトにあります。
  http://www.daishukai.net/main.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2005

インターフェロンも自己注射

 asahi,comのニュース記事に「C型肝炎・リウマチ薬剤、自己注射可能に 中医協了承」が掲載されました。

 インターフェロンα製剤が対象のようです。薬価(注射薬と自己注射の器具)などがどうなるのか、具体的にいつから保険診療に使えるのか、要注目です。
 副作用のきつい薬の自己注射、患者さんが被害を被っても、生物製剤であるインターフェロンは副作用被害の補償対象外です。このあたりのことも気になります。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 30, 2005

被爆 不当解雇 2つの判決

 長崎で被爆したことによってC型肝炎を患ったとして原爆症への認定を求めていた東さん(故人)の主張が東京高裁で認められました。
 毎日新聞の記事から
  「原爆症認定 C型肝炎は被爆が原因 東京高裁も1審支持」  

 また、神戸の30歳の男性がC型肝炎を理由に不当解雇されたとして神戸地裁で争っていた事件でも、男性の主張を認めた判決が出されました。
  「肝炎感染で解雇は違法 人材派遣会社に賠償命令」 

Continue reading "被爆 不当解雇 2つの判決"

| | Comments (12) | TrackBack (0)

March 19, 2005

心臓病では

朝日新聞 冠動脈ステント治療を受けている方へ
<写真 朝日新聞3/19付全面広告 冠動脈ステント治療を受けている方へ>

 19日付朝日新聞に写真のような全面広告が掲載されました。
 「冠動脈ステント治療を受けている方へ」の呼びかけです。この治療を受けた方は10万人以上おられるようです。
 私も昨年10月18日に堺市内のM総合病院で受けました。

 呼びかけは、日本心血管インターべーション学会、日本心血管カテーテル治療学会、ジョンソン・アンド・ジョンソン(株)です。

 呼びかけ文は、「あなたのために。あなたを見守っている人のために。どうぞ3つの約束を守ってください。それがあなたの命を守ることでもあるのですから。」となっていて、3つの約束について説明されています。
 ①お薬を飲む
 ②血液検査を受ける
 ③具合が悪いと感じたら、すぐに医師に知らせる
となっていて、それぞれの内容について解説されています。 

 

Continue reading "心臓病では"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2005

HCV 若年者対策は?

 11日と12日の新聞に気になる記事が2つありました。
 一つは、読売新聞11日付朝刊1面、「C型肝炎、母子感染が1割…厚労省調査」
 二つめは、朝日新聞東京本社12日付夕刊社会面、「タトゥー、ご注意 C型肝炎感染 女性に人気、ワンポイント入れ墨」

 これまでの厚労省の肝炎対策でのウイルス検査の受診呼びかけは、中高年向け。
 妊婦さんやタトゥのお客さんは20代、ピアスも含めるといや10代からの対策が必要ではないだろうか。

Continue reading "HCV 若年者対策は?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2005

検査しました?C型肝炎

 10日の朝日新聞(朝刊、大阪本社発行、生活欄)に、標題の見出しの記事が掲載されました。
 フィブリノゲン納入先医療機関が公表されて1か月。
 記事は、厚生労働省や都道府県に設けられた窓口への問い合わせも落ち着いてきているが、リスト公表の問題点と注意すべき点を整理し、リスト掲載医療機関に受診歴がなくても、まだ検査を受けていない方は、ぜひ検査を受けるように呼びかけています。

Continue reading "検査しました?C型肝炎"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2005

通風の薬でも肝障害(劇症肝炎)

 本日付各紙が、痛風のお薬でこの5年ほどの間に6人が肝機能障害で死亡したと報じています。
   ----------------------------------
 朝日新聞 05/01/08
 痛風の代表的な治療薬「ベンズブロマロン」(成分名)について、旧厚生省が安全対策を講じた00年2月以降も、副作用によって少なくとも患者6人が劇症肝炎などの肝臓障害で死亡していたことが、分かった。製薬会社1社の集計では、肝障害を起こした人は約170人おり、入院が必要な重症のケースも99人にのぼったという。厚生労働省は「医師がきちんと対策内容を守っていれば防げた可能性がある」として、製薬会社に使用上の注意を医師に徹底するよう促した。患者には定期的な肝検査を呼びかけている。
  ----------------------------------------
 産経新聞 05/01/08
 このうち一人はC型肝炎の感染者で、ほかの一人は検査で肝機能に異常値が出てからも服用を続けていたという。
 最大手の鳥居薬品(東京都中央区)は「医療関係者や患者向けに文書を配布したほか、専門誌に広告を出すなど、注意喚起を徹底してきた」としている。
-----------------------------------------


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2005

生体製剤の問題 胎盤エキスの注射で肝障害

 株式会社日本生物製剤製の胎盤を使った「ラエンネック 」は肝機能改善剤として医薬品として市販されています。
 以前から、生体製剤は感染症感染の危険があるとの指摘もあり、最近では一般治療薬として耳にしなくなっていました。
 しかし、一方では美容分野では相当使われているようです。胎盤注射薬「プラセンタ」を美容クリニックで使われた女性(40歳代)が急性肝障害を起こして入院していることがわかりました。

 生体製剤が安易に医薬品として認可され使用されている実態がまた一つ明らかになりました。
 「胎盤エキスの美容注射で肝障害」の見出しで報じる読売新聞の記事1月7日付

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧