August 12, 2021

8/12 進行性/難治性胆管がんに対するマルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法

進行性/難治性胆管がんに対するマルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法、評価可能な症例すべてで安定または部分奏効を認める
 オンコロ 21/08/12

  この記事の3つのポイント
  ・進行性/難治性胆管がん患者が対象の第1相試験
  ・マルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法有効性安全性を検証
  ・有効性評価が可能な患者すべてで安定もしくは部分奏効が認められた


  2021年6月31日~7月3日に開催された欧州臨床腫瘍学会世界消化器癌会議(ESMO 23rd World Congress on Gastrointestinal Cancer)にて進行性/難治性胆管がん患者に対するマルチキナーゼ阻害薬であるTT-00420単剤療法の第1相試験(NCT03654547)の結果がThe University of Texas MD Anderson Cancer CenterのS. Piha-Paul氏らにより公表された。
  https://oncolo.jp/news/210812y01

 

|

8/12 進行性/難治性胆管がんに対するマルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法

進行性/難治性胆管がんに対するマルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法、評価可能な症例すべてで安定または部分奏効を認める
 オンコロ 21/08/12

  この記事の3つのポイント
  ・進行性/難治性胆管がん患者が対象の第1相試験
  ・マルチキナーゼ阻害薬TT-00420単剤療法有効性安全性を検証
  ・有効性評価が可能な患者すべてで安定もしくは部分奏効が認められた


  2021年6月31日~7月3日に開催された欧州臨床腫瘍学会世界消化器癌会議(ESMO 23rd World Congress on Gastrointestinal Cancer)にて進行性/難治性胆管がん患者に対するマルチキナーゼ阻害薬であるTT-00420単剤療法の第1相試験(NCT03654547)の結果がThe University of Texas MD Anderson Cancer CenterのS. Piha-Paul氏らにより公表された。
  https://oncolo.jp/news/210812y01

 

|

July 28, 2021

7/26 米・ソラフェニブ既治療の肝細胞がんへのニボルマブ単剤の承認が撤回

米・ソラフェニブ既治療の肝細胞がんへのニボルマブ単剤の承認が撤回

 MedicalTribune 21/07/26
 米・Bristol Myers Squibb(BMS)は7月23日、マルチキナーゼ阻害薬ソラフェニブ(商品名ネクサバール)既治療の肝細胞がんに対する抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)単剤療法の承認について、米食品医薬品局(FDA)と協議し撤回すると発表した。(略)

 なお、ソラフェニブ既治療の肝細胞がんに対するニボルマブと抗CTLA-4抗体イピリムマブ(商品名ヤーボイ)は2020年3月にFDAより承認されており、こちらの承認は引き続き継続される。
   https://medical-tribune.co.jp/news/2021/0726537518/

 

|

June 03, 2021

6/2 C型肝炎薬、第4のDAA販売中止に

2172102_hcv_00

C型肝炎薬、第4のDAA販売中止に

   メディカルトリビューン  21/06/02
 MSDは5月31日、経口C型肝炎治療薬エルバスビル(EBR、商品名エルレサ)およびグラゾプレビル(GZR、同グラジナ)の販売を中止すると発表した。中止の理由を「医療ニーズが大きく変化したため」とし、販売中止時期は今年(2021年)10月末を予定しているという。(関連記事「C型肝炎に4番目のIFNフリーDAA」

 時事メディカル 21/06/02

  https://medical.jiji.com/news/43719


  

|

June 01, 2021

6/1 胆道がん治療薬ペマジール 発売

21602_01

胆道がん治療薬ペマジール 6月1日発売
 21/06/02 ミクスonline
 6月1日に発売されたインサイト・バイオサイエンシズ・ジャパンの新規機序の抗がん剤ペマジール錠(一般名:ペミガチニブ)は、「がん化学療法後に増悪したFGFR2融合遺伝子陽性の治癒切除不能な胆道がん」を効能・効果とする。ただ、FGFR2融合遺伝子は胆道がんの中でも肝内胆管がんに主に発生するため、実質的には肝内胆管がん患者に処方されるケースが多くなるとみられる。
 同剤はファースト・イン・クラスのFGFR(選択的線維芽細胞増殖因子受容体)阻害薬で、1日1回の経口投与で用いる。インサイト日本法人にとって同剤は日本で最初の自社販売品。

※薬価:25631.2円/錠

|

October 21, 2006

C型 新薬抗ウイルス剤はインターフェロンと併用か

06x2102
 21日午後、天王寺区民センターで患者会の第24回総会と医療講演会が行われました。
 総会は、提出された議案が特にご意見もなく承認されました。今年は会長さんが退任したいと挨拶されましたが、総会では新しい会長さんのご挨拶もなく、どうなるのかはらはらした総会でした。

 医療講演会は、東大阪市立総合病院の消化器科・萩原秀紀部長の講演が行われました。

Continue reading "C型 新薬抗ウイルス剤はインターフェロンと併用か"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 07, 2006

バラクルード錠(エンテカビル)の値段

 6日の中央社会保険医療協議会総会で承認され、厚生労働省は15日付で、新医薬品13成分20品目を薬価基準に追補収載する。内訳は内用薬7成分11品目、注射薬3成分5品目、外用薬3成分4品目。

 このなかには、B型肝炎治療薬(抗ウイルス剤)バラクルード錠(一般名 エンテカビル)が含まれています。
 やっと15日から医療機関で治療薬として使われるようになります。
 バラクルード錠0.5mgの薬価は、1錠:1058.10円。 有用性加算がついたため、高くなったようです。
 

Continue reading "バラクルード錠(エンテカビル)の値段"

| | Comments (2018) | TrackBack (0)

August 27, 2006

エンテカビル 9月保険適用か

 27日、堺市民会館で大阪府と日本肝臓学会主催の市民公開講座が行われました。
 猛暑の中、会館大ホールにはたくさんの聴衆が集まりました。
 池田市民病院副院長の今井先生は、B・C型肝炎の治療(ウイルス排除・発がん予防)について、そのエッセンスを持ち時間にうまくまとめてお話しされていました。

 B型肝炎について、新しい治療薬・エンテカビル(パラクルード)が、この9月にも保険適用となり治療に使えるようになることも紹介されていました。

 C型肝炎のインターフェロン治療が、発がん抑制作用のあることをデータを示しながら説明され、ウイルス排除とともに、肝がん発がん抑制を目的に使われることが多くなってくるでしょう。

 インターフェロン治療や抗ウイルス剤による治療の問題点として、
 ・インターフェロンやそれとの併用薬(リバビリン)の副作用が強いこと
 ・治療に長期間を要すること
 ・治療費用が高額で患者負担が大きいこと
を上げておられました。解決策はお示しになりませんでしたが、3つめの問題を解決するためには、政治の力が必要なようです。

Continue reading "エンテカビル 9月保険適用か"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 23, 2006

胎盤由来製剤で 献血禁止

 「厚生労働省は、ヒト胎盤(プラセンタ)由来製剤(注射薬)を使用したことのある人からの献血を、無期限で制限することにした」と報じられています。(血液製剤調査機構 news国内編)
 ヤコブ病対策からだそうです。

Continue reading "胎盤由来製剤で 献血禁止"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

後発品(ジェネリック)の情報公開を

0671702
 7月8,9日に京都で医薬品情報学会が開催され、後発医薬品の情報提供のことが話題の一つに上がり
ました。
 肝臓病では、ウルソや強ミノの後発品がたくさん出ています。
本当に先発品と後発品、または後発品同士で効果や副作用の出方に差がないのでしょうか。
 薬事日報社の記事
 

Continue reading "後発品(ジェネリック)の情報公開を"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

より以前の記事一覧